P.マッカートニーの新作「Memory Almost Full」を聴いた

2015年8月1日

28362bea.jpg

先日実家に帰った時、兄からポールマッカートニーの新作アルバムを借りました。


Memory Almost Full~Paul McCartney

Beatlesに影響を受けて音楽を始めた人はたくさんいるかもしれないけど、僕もそのうちの一人です。
Beatlesの曲ならほとんど全部知ってるし、解散後のメンバーの各アルバムもだいたい聴きました。
中でもポールのは初期~Wings時代が好きですね。ビートルズが存続していても同じような曲を作っただろうなーと思います。


そんな彼の新作。(コーヒーのスタバがレーベル作って、そこに移籍した第一弾。)
もう65歳になるっていうのに、相変わらずいい曲を作っている。
今回は全体的にポップで明るく楽しい感じ。
時代とともに忘れ去られるアーティストが多い中、彼は現役でヒット曲を生み出しているところがすごい。自分のスタイル、音楽性に凝り固まらずに常に新しいことを模索し続けています。


幾つか最近のライブ映像などを見たけど、全く昔と変わってないところがステキ。
毎回様々なタイプの感動をもたらしてくれる。
King of POPはまだまだ健在です。


・・・


僕のやっている音楽はジャンルが違うのかも知れないけど、根底に流れる物は変わらない気がします。
自分本位にならず、みんなが楽しめる音楽、広く受け入れられる音楽、そういうのを作りたいね。

スポンサーリンク