ツリーハウスと森遊び その2

2017年12月6日

朝、鳥と虫の鳴き声で目が覚めました。
目を開けてまず見えるのが太陽と森の木々、という状況、これ以上の贅沢はない。

朝の6時半、朝のヨガへ出発。
昨晩星空を見た丘の上へ。
太陽と山と森と川に囲まれた、自然に満ち溢れた場所。
そんなところで朝ヨガ。
インストラクターはうちの妻が担当。
森に感謝、目を閉じて太陽のありがたさに感謝。
そんな風にゆったりと体と心ををほぐして行く1時間。
おそらく人生においてこんなにステキな朝のスタートは他にないかも。

さてさて、またまた酔いそうな魚眼写真をご紹介。

PICT0487
ヨガのあと、みんなで朝ごはん。
こんなうまい朝飯はない。

PICT0493
森の緑を照らす朝の光が美しすぎます。
PICT0496

PICT0502
子供らが白くて妖艶な蛾を発見。
レディーガガと命名。


PICT0507
朝食の後、森の探検ワークショップに参加。


PICT0508
沢伝いに歩いていきます。
一人で行ったら確実に迷う。


PICT0510
太陽激写!


PICT0515
この森はツタの木がたくさん生い茂っています。
光を追い求めてツタの枝がグネグネ伸び、周りに生えている木に絡み付いて締めあげ、最後はなぶり倒すという、妖怪のような木なんだけど、そのグネグネにつかまりやすく、木登りやツタのブランコ遊びには持って来い。
PICT0516
PICT0521PICT0522


PICT0528
シダも力いっぱい咲き誇ってます。


PICT0530
かなり険しい山道を草を掻き分け、水を飛び越え、進んでいく。
子供達にとっては心に残る冒険になったんじゃないかな。


PICT0533
広場に戻るとバームクーヘンが焼きあがっていました。
みんなそれぞれ薪を割ったり、食事の準備をしたり、ツリーハウスを作ったり、自由な時間を過ごしました。


昼飯は釜揚げうどんなど、またまた盛りだくさん。
食べられないほど満腹になって、いよいよ森ともおさらば。
二日間だけでしたが、まるで1週間も滞在したような濃い~体験ができました。
今回も声をかけてくれた友人のよろちゃん、そしてツリーハウスのメンバーのみなさん、森と地球と太陽に大感謝!!

スポンサーリンク