日本国内散策

宮古島遠征2005

宮古島遠征2005

7524e699.jpg

バンドで宮古島に遠征してきました。
今回で3回目。バンドメンバー+その家族+友達・お客さんなど、総勢30名近くでのツアーとなりました。
詳しくはバンドのBlogに近いうち書くつもり。(長くなりそうなので写真メインにしようかなーと考え中。)


なんだか出発前から台風が沖縄の方に近づいていて気が気じゃなかったんですが、行って見るとほとんど晴れていて雨にもあまり降られなかった。でも風が強くてマイッタ。


夜中までライブ・バーでの演奏×2夜、ホテルのプールサイドでの演奏1回と、準備やリハなども含めて本当にライブ中心の遠征でしたが、どれも盛り上がって満足。でも家族連れのメンバーは子供がまだ赤ちゃんなので世話やら何やらで大変そうでした。


毎年恒例のイベントにしようと思っていますが、宮古島でのバンドの知名度も毎回少しずつ上がっているようです。
これも現地で協力してくれる人たちのおかげ。
来年は更にビッグなイベントに無理やり参加してしまおうという計画もあるようで。
今からその準備でいろいろ手回しが必要とのこと。
予定では来年7月。楽しみでしょうがない。


それにしても前回(2003年12月)と比べて、変わらないところは変わらないが、変に観光化されてしまったところもあります。
沖縄で一番きれいな海と名高い吉野海岸もその一つ。
以前に訪れたときは草ボーボーで海へ下る道も未舗装。浜辺にはほとんど人がおらず、全く自由な空気が流れていました。
しかし今回行って見てびっくり。
なんときれいな駐車場が出来ていて浜辺へ通じる道も完全舗装。駐車場に車を停めたらシャトルバスで浜辺まで送迎してくれちゃったりする。
シュノーケルセットやパラソルなどの貸し出しも行っていて、ちょっとした食堂もできていました。
浜辺に下りるとパラソルが整然と並んでいて水中スクーターの貸し出しをしている人もいる。
シーズンオフだというのに観光客の姿も多く見られ、各種貸し出し業者の目も気になるところです。


どこの国でもどの場所でも言えることですが、美しい自然がある所はやがて観光化の波に押され、本来の意味での「自然」が失われていってしまうのはちょっと悲しいことです。
吉野海岸はずっと変わらないと思っていたのに2年でこの変わり様。
この先どうなってしまうのか心配だ。


しかし海に潜るとその美しさは変わらず。
サンゴに群がる色とりどりの魚達。
これだけは永遠に変わらないでいてほしい。

2 Comments

  • Reply

    ema

    2005年10月21日

    すごいきれいな写真・・・今回の宮古ですか?
    行きたかった!
    ザンネンな思いがお腹の底から蘇ってきました。
    観光化は進むけどOKINAWAの海はきっとずーっと綺麗ですよ・・・とアタシは思いたいな。

  • Reply

    luisaq

    2005年10月22日

    emaさん
    すみません、写真は実は一昨年のものです。(しかも色合い加工済み)
    今回自分は写真を撮ってなかったので、バンドのブログには他の人が撮ったものを掲載するつもりです。
    宮古島最高でしたよ!是非来年はみんなで一緒に行きましょう!

コメントする

PROFILE

LUIS画像

LUIS(るいす)
旅好きエコ好きミニマルライフ

あちこち世界を旅したいがために、どうすれば移動しつつも仕事をして生活できるかを日々考えている。ジプシーな音楽活動をライフワークとしつつ、普段は湘南・大磯でWEB関連の仕事をしながらひっそりとスローな生活を楽しんでいる。
気になった情報、旅ネタ、音楽ネタ、ライフハック、体と心にやさしい生き方など、思うまま書いていきます。

詳しいプロフィール

Random Posts

最近ツイート

SNSフォロー