パリからリヨンまではTGVより断然安いiDBUSを利用

2016年7月28日

パリからフランス第二の都市リヨンへ移動する際、TGVだと結構金額もかかるので、のんびりとバスで移動することにしました。

スポンサーリンク

iDBUSのチケットをネットで事前予約

利用したのはフランス国鉄(SNCF)が運営するiDBUSという長距離バスサービス。
ルート検索やチケット予約などウェブサイトで簡単にチェックできます。

iDBUS

▲iDBUSサイトのトップページでチケット購入。

出発前に日本で予約し、チケットバウチャーもプリントアウトしておきました。

パリ南東部にあるBersy駅からリヨン行きバスが発着

当日、朝7時半発のバスに乗るため余裕を持って6時ちょい過ぎくらいにモンマルトルのふもとにあるホテルを出発。
最寄りの「バルベス・ロ シュシュアール Barbes – Rochechouart」駅から地下鉄M4号線に乗り、途中のChatelet駅でM14号線に乗り換え、パリ南東部にあるBersy駅で下車。
ここにiDbusの乗り場があります。

地下鉄の駅を出て少し歩いたところにSNCFのロビーがあり、時間があったのでソファーに座って少し待機。
コーヒーの売店もあるけど、自動販売機だと1ユーロちょっとなので安くておススメです。

やがて出発時間が近づいたので外を見ると既にバスが来て止まっていました。

iDBUS

バスのドライバーにプリントアウトしてきたバウチャーを見せ、チェックイン完了。

バスは定刻どおりパリを出発し、約6時間弱かけてリヨンまでたどり着きました。

iDBUS

▲途中の景色。牧歌的な広々した風景が広がっておりました。

iDBUS

▲都会を離れるとすぐにこんな無人地帯が広がります。

3分の2ほど来たところで一度30分ほどの休憩もあり、そこでお昼ご飯にサンドイッチなどを買って食べました。
時期的、時間的にすいているのか、乗客は少なく、指定の席から移ってゆったりと快適なバスの旅になりました。

iDBUS

▲すいていたので勝手に席を移動してシートを広々使えました。

iDBUS

▲途中で寄ったサービスエリア。日本の高速道路のSAみたいには行かないけど、いろいろ店もそろっていて食事をしたり買い物したりできます。

国際路線も充実。安く移動するのに便利なiDBUS

TGVだと1時間ちょっとだけど、のんびり景色を眺めながらのバス移動もたまにはいいものです。
何より金額がだいぶ安いので、時間に余裕がある方は是非おススメです!

ちなみにこのiDBUS、フランス国内だけじゃなくてロンドンやアムステルダム、バルセロナなどへも通じる国際バスとしても利用価値があります。
時間はあるけど金がない!とにかく安く行きたいという時には選択肢の一つとして覚えておくといいかもしれません。