エステリの学校の宿舎に泊らせてもらう

2015年7月31日

エステリでお世話になるのは「Fundacion Superemos」という学校。

タクシーの運ちゃんには「Escuela en las Chanillas(チャニージャス通りの学校)」と伝えるとわかってくれます。





ここでは地元の子供たちに音楽や陶芸やそのほか勉強を教えたり、女性たちに働くすべとなるパソコンなどのレッスンを行ったりヘルスケアのアドバイスなども行っています。

当初はどこかホテルにでも宿泊するつもりでいたけど、ありがたくも部屋を提供して頂けるとのことで、ただで泊らせてもらうこととなりました。

ここを創設した人は別にいるようなのですが、現在取り仕切っているのはアイルランド出身のステファンさんとその奥さんでニカラグア人のルイサさん。

ステファンはものすごい英語なまりのスペイン後ですが、とても親切でいろいろ気を使ってくれます。

ルイサもしゃべり出すと止まらない様子ですが、とても気さくでユーモアのある女性です。

















学校の中を見学させてもらったり、インターネットの接続を手伝ってもらったり(ここはWifiではなくLANケーブルで接続で、設定がやや複雑だった)、敷地のあちこちにいる動物たちを観察したり、あてがわれた離れの部屋でのんびりしたりして過ごしました。



うれしいことに食事もちゃんと用意してくれました。

特に夜ごはんはステファンとルイサがイタリアン風のおいしいのを作ってくれてとても満足。

なんてやさしいんだ!
当初1泊の予定でしたが、もう1泊させてもらうこととなりました。

スポンサーリンク