ますます肉離れとなる一件

2015年7月31日

メキシコにて。

一人でモレーリアという町を散策していた時のこと。

ランチをどこかで食べようと歩いていたのだけど、なかなか良さそうな店が見つからない。

二人以上だと気楽に入れそうな店も、一人だと気後れしてしまい、なかなか選べないんだよね~。

んで、ふと見つけた軽食屋。

メニューを見ると「Hamburguesa Vegetariana」とありました。

やった、ベジバーガー発見!と思ってすかさず入店。

昼も遅い時間だったので他の客もおらず、気楽に入ることが出来ました。

で、迷うことなくベジバーガーを注文。

イモとか豆でできたバーガーなのかな~、それとも豆腐?
とか期待しながら待っていると出てきたのは・・・
普通のハンバーガー!
肉がっつり!
野菜もたっぷり!
どうやら、「野菜多めのハンバーガー」という意味だったらしい。

この国では肉無しのバーガーなど想像すらできないのかもしれん。

腹もすいてたし、せっかくおばちゃんが作ってくれたのにメインの肉を残しちゃうのも悪いと思って、頂くことにしました。

しかしまあ、何年振りかね、肉らしい肉を食べるのは。

味は、まあ普通のハンバーガーなんだけど、やっぱ違和感を感じてしまう。

加工肉ということもあるのかもしれない。

しかしそれ以上に、肉を口にするという習慣がもはや終了していたので、なんだかとても嫌悪感を催してしまいました。

コーラを注文して一気に胃に流し込み、早々と店を出ることにしました。

早食いしたのと肉の味の感触が残っていたので、あとでちょっと気分が悪くなってしまいました。

だめだな。

肉は無理して食うもんじゃない。

というか、全然ベジバーガーじゃないじゃないか!
良く確認せず注文した僕も悪いんですが。

・・・と、こんな一件もあり、帰国後はますます肉離れが進み、野菜・豆・穀物への関心がさらに高まり、より無添加な食事を心がけるようになったのでありました。

最近は卵も食べなくなったなー。

野菜と豆がうまいんだよ。それでいいじゃんか。

ある日の夕食

ある日の夕食。野菜、大豆製品、魚、玄米。

こんなのが最高です。

スポンサーリンク