旅のレビュー 海外の旅

コスタデルソルを巡る旅。アンダルシア海沿いドライブ 2

コスタデルソルを巡る旅。アンダルシア海沿いドライブ 2

マラガのホテルを後にして、ドライブ2日目スタート!
コスタデルソルを南下してスペインの(ヨーロッパ大陸における)最南端を目指します。

Sponsored Link

高速道路の料金支払いはクレジットカード

車の運転もようやく慣れて来て、昨日ほど気疲れもなく、朝から快適なドライブでした。
車を借りる時にナビも一緒に貸してくれたんですが、できるだけはやく目的地に着かせるため高速道路に乗る設定になっていました。
途中でその設定をやめたつもりだったんだけど、直ってなかったみたいで、結局マラガからも高速道路を利用。

アンダルシア・ドライブ

▲高速の料金所はこんな感じ。

クレジットカード払いのレーンはこちら、みたいな表示があったようななかったような。
料金はだいたい5~7ユーロくらいだったかな。
合計3~4回高速利用したので、全部で20ユーロ以上は使っちゃったかも。

ジブラルタルは断念して最南端の町タリファへ

しばらく内陸の道を走ってたけど、ようやく海が見えてきました。
まずはスペインの中のイギリス領、ジブラルタルを目指そう!

アンダルシア・ドライブ

はい・・・。
ジブラルタルの手前のスペインの町、ラ・リネアで迷ってしまい、結局ジブラルタルは断念!
ラ・リネアの市街地がこまごまと複雑な道で、ナビが理解不能な導きをしてくれたため、同じ道を行ったり来たりしてどうしてもジブラルタルの方向に行くことができませんでした。
んー。こりゃ行くなということですな。
ということで潔く諦めて、次のポイントへ。

最南端の町、タリファを目指す!

Sponsored Link

タリファの岬で地中海と大西洋を体感

アンダルシア・ドライブ

こちらは無事に到着!
駐車スペースもすぐに見つかり、時間も余裕があったのでゆっくりすることができました。

アンダルシア・ドライブ

▲車を停めた場所。一応パーキングみたいだったけど無料でした。

もうお昼だったので近くのレストランでランチ。

アンダルシア・ドライブ

タリファと言えばやっぱり魚介!
いろいろ注文したけど、このイカスミのフライがすごくおいしかった。

海に突き出た桟橋を歩きます。

アンダルシア・ドライブ

地図を見るとお分かりだと思いますが、ここは地中海と大西洋を隔てる場所。
南を向いて、左(東)が地中海、右(西)が大西洋。

アンダルシア・ドライブ

それぞれ立て札があって撮影ポイントとなっています。

アンダルシア・ドライブ

大西洋側の方がちょっと海がきれいだったような。
もうちょっと暖かければ泳いでも良かったな~

アンダルシア・ドライブ

岬の先っちょは立ち入り禁止だったので、しばしこの場所にたたずんでいました。
うーん、天気も良くて最高!

アンダルシア・ドライブ

▲広角レンズだからなせるワザ。西と東の立て札表面を同時撮り。

太陽の町、カディスへ

楽しかったタリファを後にし、続いてはさらに西の方へ。
太陽の町、カディスを目指します。

コスタデルソル

タリファ周辺は風が強く、風力発電を行うには格好の場所。
風車が林立しており、かなりの迫力でした。

コスタデルソル

再び内陸の道に入り、のどかな風景が広がる平原地帯をひたすら突き進みます。

細~い陸続きの道を進み、ほとんど島のようになっているカディスの町へ入って来ました。

コスタデルソル

南国ムード満点っす!

コスタデルソル

車は道沿いの空いてるところに停められました。
道脇のパーキングマシンみたいので適当に1時間分くらい料金を払って駐車時間の紙を出力。それを車の中の見えるところに置いて出発。

海沿いをブラブラと散歩しました。

が、さすがは太陽の町!暑さが半端ない。
すぐに体力の限界が来て(弱っ)、カフェで小休止。

コスタデルソル

あえて冷たいモノはさけて熱い飲み物を飲む2人。
日差しは暑いんだけど、この時期風が吹くとたまにヒンヤリする。
うーん、不思議な気候です。

コスタデルソル

体力回復したところでもう一歩き。

コスタデルソル

駐車スペースに戻って、ポーズを決める。(お約束っちゅうことで・・・)

ちょっとリッチなへレス滞在。シェリー酒で乾杯

短いカディス滞在の後、この日の宿泊地、へレス・デ・ラ・フロンテーラを目指します。

コスタデルソル

大陸とカディスの町をつなぐハイウェイ。
またいつか来ることがあるかなぁ。

カディスからへレスへは割とすぐでした。
ほんと渋滞なんかもなくスムーズ。
アンダルシアのドライブもいよいよ大詰めっす。

へレスデラフロンテーラ

難なくへレスの町へ到着!

ホテルはExe Guadaleteという郊外の立派なホテル。
なんと4つ星ホテルなんだけど、シーズンオフの特別割引とかで、な・なんと60ユーロくらいで1泊できたんです。
通常だと5万円はするホテルみたい。。。かなりラッキーでした。

広くて快適な部屋でくつろぎ、プールでひと泳ぎしてから町の散策へ。

へレスデラフロンテーラ

へレスといえばシェリー酒。
時間があれば酒蔵なんかも見学に行きたかったんだけど、かなり遅い時間になってしまったのでそれは断念。

適当に町の中を巡ってみました。

観光スポットじゃないような場所はほんとにひっそりしていて不気味なほどの静けさです。

へレスデラフロンテーラ

適当にバルを見つけて夜ごはん!
ワインをファンタなどで割った飲み物「ティント・デ・ベラノ(夏の赤ワイン)」が最高においしい。
アンダルシアはこれがなければやっていけません。
あ、妻はいつものようにビールでグターッとなってます。

へレスデラフロンテーラ

そしてやっぱりシェリー酒を飲みに行かねば!ということでやってきました。
地元の人でにぎわっているボデガに入り、おいしいシェリーで乾杯!
いや~生きてて良かった♪

セビージャでレンタカーを返却

翌朝、ちょっとリッチな気分になれたへレスにお別れして、いよいよドライブの最終地、セビージャに向かいます。

セビージャ

といってもへレスからセビージャはほとんど一本道で、これまた難なくスムーズに事が運びました。

セビージャ

ほとんど1時間くらいでセビージャ到着。
ちょっと緊張しながら町の中へ入り、レンタカーの返却場所でもあるサンタフスタ駅へ。
町の中で迷いたくないなと思い、前日にかなり詳細にレンタカーの営業所の場所を検索しておいたので、ここもスムーズに見つけられました。
だけど返却の際にガソリンを入れておくという契約だったみたいで、一旦車を出してすぐ近くにあったガソリンスタンドへ。
満タンにしてからようやく無事返却完了となりました。

アンダルシアの2泊3日ドライブ旅、最初は車の運転にてこずったけど、慣れて来るとほんと楽だし気ままに行きたいところに行けるので結果的に大満足でした。

ヨーロッパの旅も終盤。
次はセビージャの町歩きです。

No Comment

コメントする

PROFILE

LUIS画像

LUIS(るいす)
旅好きエコ好きミニマルライフ

あちこち世界を旅したいがために、どうすれば移動しつつも仕事をして生活できるかを日々考えている。ジプシーな音楽活動をライフワークとしつつ、普段は湘南・大磯でWEB関連の仕事をしながらひっそりとスローな生活を楽しんでいる。
気になった情報、旅ネタ、音楽ネタ、ライフハック、体と心にやさしい生き方など、思うまま書いていきます。

詳しいプロフィール

Random Posts

最近ツイート

SNSフォロー