旅のレビュー 海外の旅

14年ぶりの再訪。アンコールワット遺跡

14年ぶりの再訪。アンコールワット遺跡

14年ぶりのカンボジア。

首都プノンペンからバスで6時間、アンコールワットのある町、シェムリアップに到着。

14年前に来た時はもうちょっとさびれたイメージのあったこの町もだいぶにぎやかになった気がします。

うちら2人と友人夫婦の4人でアンコールワット+周辺の遺跡観光をすることにしました。

運転手と日本語ガイドを雇ってみっちり遺跡巡りを楽しむ。

 
アンコールワットの入り口
アンコールワット

カンボジア内戦の時にいたずらで銃撃を受けた時の銃痕
アンコールワット

アンコールワットはヒンドゥー寺院だけど、後に仏教が入り込み、今ではこうして仏像が祭られたりしています。

アンコールワット

入り口を入ってアンコールワットの全貌が。水に映る姿が美しい。正面が工事で足場とブルーシートで覆われていたのが残念。

アンコールワット

神話を表現した壁のレリーフ。ここまで彫り込むのは相当大変だったろうな。

アンコールワット

サンスクリット文字。クメール文字にも似ているが一般の人は全く解らないらしい。

アンコールワット

いけてない落書きが・・・。

アンコールワット

お坊さんにお経を読んでもらいミサンガをしてもらいました。

アンコールワット

カンボジアは地震がないけど、風化して石が崩れ落ちた跡。

アンコールワット

神話のレリーフ。乳白色の海の中で亀の上に山を盛って蛇でしばって左右から引っ張り回して海をかき混ぜると不老不死の薬ができるという壮大なお話。

アンコールワット

風が通り抜ける回廊。

アンコールワット

アンコールワット

壁画レリーフ。

アンコールワット

風通しの良い窓…。

アンコールワット

アンコールワットの最上部へ続く階段。

アンコールワット

アンコールワットで王に仕えていた女性のレリーフ。あちこちで見つけることができます。

アンコールワット

恥さらしな落書き。

アンコールワット

周辺でチェスをして遊ぶ大人たち。

アンコールワット

帰り際にもう一枚。

アンコールワット

動画もちょっと撮ってみました。

PROFILE

LUIS画像

LUIS(るいす)
旅好きエコ好きミニマルライフ

あちこち世界を旅したいがために、どうすれば移動しつつも仕事をして生活できるかを日々考えている。ジプシーな音楽活動をライフワークとしつつ、普段は湘南・大磯でWEB関連の仕事をしながらひっそりとスローな生活を楽しんでいる。
気になった情報、旅ネタ、音楽ネタ、ライフハック、体と心にやさしい生き方など、思うまま書いていきます。

詳しいプロフィール

Random Posts

最近ツイート

SNSフォロー