【フィリピン】ルソン島レガスピからバスとフェリーでサマール島アレンへ行くには

首都マニラからルソン島、サマール島、レイテ島、そしてセブ島へ4つの島を船とバスで旅してみましたので、各地のおすすめスポット、行き方などをまとめています。

ルソン島からセブ島までの陸路&フェリーでの道のりはこちら

  • (A)マニラ→(B)レガスピ|夜行バス:13時間ほど
  • (B)レガスピ→(C)マトノグ→(D)アレン|バス〜フェリー:8時間ほど
  • (D)アレン→(E)カルバヨグ→(F)タクロバン|Grand Tourミニバス:7時間
  • (F)タクロバン→(G)オルモック→セブ|Grand Tourミニバス、フェリー:5時間ほど

今回はレガスピからルソン島最南端部に位置する港町マトノグを経由し、フェリーでサマール島北部のアレンに移動したときのことについてです♪♪

レガスピからバスでマトノグへ 途中で降ろされてトライシクルで移動

ルソン島の最南端部のソルソゴン州マトノグという場所からサマール島へのフェリーが出ていますので、まずはそこまで行かないと行けません。

マニラからレガスピの移動は前回の記事をどうぞ

【フィリピン】ルソン島南部レガスピへの行き方、マヨン火山が美しいカグサワ遺跡などオススメスポット紹介

レガスピの中心街や隣町のダラガシティーに宿泊している場合はトライシクルでバスターミナル「Legazpi Grand Central Terminal」へ20〜30ペソほどで移動できます。

バスターミナルではバスの停車場で客引きをしている人たちに「Matnogに行きたい!」と伝えるとマトノグ方面行きのバス乗り場を教えてくれます。

レガスピのバスターミナル

▲レガスピのバスターミナル。その辺の客引きに行き先を告げるとだいたい乗り場を教えてくれる。

マトノグ行き(と言われた)バスに乗車し、あとは終点まで乗っていればいいんだなーと余裕こいていたら、突然辺鄙な場所で降ろされました。
実はレガスピからマトノグの港まで行くバスは限られていて、多くのバスはBulanという西の港町へ行くみたいです。
Bulan方面とマトノグ方面の分かれ道で降ろされた感じですね。

Bulan方面とマトノグ方面の分岐点

レガスピ〜マトノグ方面行きのバス
運賃 140ペソ(Bulan方面の分岐点まで。所用約2時間)

ここでトライシクルの運ちゃんが待ち構えており、結構高い値段をふっかけられます。
マトノグの港まで最初300ペソと言われましたが、値切って200に。がんばれば150ペソくらいまでいけたと思いますが。
ちなみに安く済ませたい場合は、ジプニーも通るのでそれに乗って行くという方法もあります。(料金は30ペソほど)

トライシクル

▲内陸の分岐点からマトノグの港までトライシクルで移動。道は広くてきれい。

トライシクルで20分ほど走り、あっという間にマトノグの港へたどり着きました。

マトノグの港

▲マトノグの港への入り口。

マトノグの港でサマール島へのフェリーに乗る方法

ゲートをそのまま進むとフェリーターミナルなので、そこでチケットを買うのかと思いきや・・・
チケット売り場は別の場所にあるようです。紛らわしいですね。

ゲートの左脇に小道があり、露店が連なる道を海の方に歩いて行くとチケット窓口があります。ターミナルの中にチケット売り場作ればいいのにと思っちゃいますが、こういう「要領悪さ」は海外ではよくあることです。

Matnog Ferry Terminal

▲チケット窓口へのなんとなくの地図です。

Matnog Ferry Terminal

▲Matnogフェリーチケット窓口。分かりづらい場所にある。

マトノグからサマール島北部の3つの港町へフェリー運行

ルソン島からサマール島へ船で渡る場合、アレン(Allen)、ダプダプ(Dapdap)、サン・イシドロ(San Isidro)の3つの港へ行くフェリーがあり、それぞれ料金とタイムスケジュールが異なります。

アレンからサマール島へ

▲マトノグとサマール島各地の位置。

マトノグ〜サマール島各地への往復の出航時間および運営会社名
ルート 船会社 出航時間
マトノグ to アレン Starlite Ferries 2:30、8:30、14:30、20:30
アレン to マトノグ 5:30、11:30、17:30、23:30
マトノグ to ダプダプ Fast Cat 1:00、5:00、9:00、13:00、17:00
ダプダプ to マトノグ 3:00、7:00、11:00、15:00、19:00
マトノグ to サン・イシドロ 3:00、6:00、9:00、12:00、15:00、18:00、21:00、0:00
サン・イシドロ to マトノグ 3:00、6:00、9:00、12:00、15:00、18:00、21:00、0:00
乗船賃(大人一人、エコノミークラス)

  • マトノグ〜アレン(Starlite Ferries) 120ペソ
  • マトノグ〜ダプダプ(Fast Cat) 140ペソ
  • マトノグ〜サンイシドロ(Fast Cat) 200ペソ

※以上は2018年12月の情報です。変更になっている場合があるのでフェリー会社のサイトをチェックして見てください。

僕がマトノグに着いた時間は15:30くらいだったので、17:00発のダプダプ行きを勧められました。
エコノミークラス(Ordinary Class)で140ペソ。

チケットを買えたらフェリーターミナルに向かいます。

ちなみにマトノグの町は小さいながらいろいろお店もあり、港周辺には食堂やパン屋さんなどがあるので、時間があれば食事したりおやつを買っておくのもいいでしょう。

Matnog Ferry Terminal

▲フェリーターミナル近くの食堂で遅めのランチ。

さて、フェリーターミナル使用料として30ペソを支払い、簡単な荷物検査を通って出発ロビーでアナウンスがあるまで待ちます。
時間になったらフェリーが停泊している港まで歩いて行きます。

Matnog Ferry Terminal

▲フェリーターミナルから停泊しているフェリーまで歩いて移動。すぐそばかと思ったら意外と距離があった。

Matnog Ferry Terminal

▲フェリーに乗船。車やバスも積み込まれる。

フェリーはほぼ定刻通りに出航。

Matnog to Dapdap

▲12月は雨季と乾季の境目だけど、この日は天気が良くて海を照らす夕焼けはとても素晴らしかった。
台風シーズン(9月〜11月)などは天候と海上のコンディションによって欠航になる場合があるので注意が必要。

1時間半ほどでアレン近郊のダプダプ港へ到着。

Dapdap port

▲最初に車やトラックなどが降ろされ、乗客はそのあと。

アレン周辺のホテル

アレン、またはダプダプ港から少し南へ進んだ場所にあるブエノス・アイレス・ビーチではリゾートホテルがいくつかあり、のんびり滞在するにはいいかもしれません。

Booking.comで予約可能な宿はこちら。あんまりないですね…。


Booking.com

翌日はすぐ移動するっていう人は港周辺にバジェットなホテルがいくつかあり、ハイシーズンでなければ予約なしでも宿泊できるかと思います。
ちなみに僕はダプダプ港の目の前にあるEWP Tourists’ Innというホテルにチェックインしました。

EWP Tourists’ Inn
シングル1泊600ペソ(朝食込み700ペソ)、ダブル1泊800ペソ(朝食込み1000ペソ)
シャワー、トイレは共用

EWP Tourists' Inn

▲シングルルームの部屋。まあ寝るだけ、といった感じの簡素な作り。

LUIS’s Travel Vlog ルソン島からサマール島へ船で渡る

Legazpi to Allen by bus and ferry | ルソン島からサマール島へ船で渡る