IKEAって消費者のツボを良く押さえているなー

2015年8月1日

e77b2406.jpg

午後時間が出来たので初めて横浜・港北のIKEAに行ってみました。
以前から知り合いなどに「安くて面白いところだから行ってみ」と言われていたんですが、実際訪れてみて納得。
デザインもよくクオリティーも高い商品がかなりの安価で売られています。
ちょっとのぞいてみていいのがあったら買ってみるか、くらいの気持ちで行ったのですが、結局なんだかんだあれこれ買ってしまって、ショッピングカートはいつの間にやら一杯になってしまいました。
ガラスのテーブル、電気スタンド、鏡、食器、植物、その他もろもろ購入。どれも激安で、100円ショップなんかより全然安いものもあります。
最近自宅や仕事場をいろいろアレンジしたんですが、こんなことなら最初からIKEAに行ってれば良かったなー。と無意味な後悔をしてみたり。
帰り際に店内にあるレストランでスウェーデン料理を食べたりして、大満足で帰途につきました。


それにしてもこのIKEAは消費者のツボを良く押さえているなと思いました。
他の量販店やホームセンターで売られている商品はモノはしっかりしていますが、どれもありきたり。ちょっとデザインが良かったりオプション機能がついていたりすると値段も馬鹿高くなる。
IKEAはその点、無駄を省いて製造→販売まで徹底的に合理化を図っているため、コストも抑えられ、売値も安くて済みます。
商品のパッケージや説明書も必要最低限に留めて、持ち運びや組み立てなども極力ユーザーの自主性に任せているところがいい。
日本のメーカーの商品は過剰包装、過剰説明、過剰機能でうんざりします。その結果コストも上がりデザインもイマイチになってしまうことが多い。なんでも過剰的にしないと文句を言う人がいるため、メーカーが余計なクレームを避けるためそういう性質が根付いてしまったのかもしれない。
でも今は時代も変わって、消費者のニーズも昔と変わってきたし、環境問題なども考えるとIKEAは最先端を行ってるなと思いました。
余計なものは省きシンプルでデザインもよく環境にも財布にも優しい・・・そんな商品を誰もが望んでるわけです。


ところでどうでもいいけど、北欧にも行ってみたくなったなー。

スポンサーリンク