リシケシのラム・ジュラエリアのWIFI可能な宿、カフェなど

2016年7月28日

リシケシでようやく夫婦二人は合流。
妻が宿泊していたAnanda Guest Houseへ転がり込むような形で数日宿泊することとなりました。

エアコンなしの部屋だけど、朝晩の涼しい風を部屋に入れて日中は窓とカーテンを閉めてシーリングファンをガンガンに回せばなんとか涼を感じられる程度にやりすごせます。

Ananda Guest Houseの情報

・1日S250~W300Rs~
(基本的に時期変動無し、長期滞在交渉可能かも)
・ホットシャワー24h体制
・Wi-Fi無し(近くのWi-Fiを勝手に使うことは出来る)
・門限23時頃
・山からの飲み水有り
・網戸、ロッカー、デスク、鏡、ハンガー、歯ブラシ立て有り
・バケツ、桶有り
・掃除道具(水掻き、トイレブラシ、スポンジ、洗剤)
・屋上有り(洗濯物干し可)
・新しいとは言えないが全体的に清潔(排水溝がピカピカ綺麗だったことには驚き)
・廊下が広く廊下にもファン、テーブル&椅子有り
・家族経営、交代制で寝泊り管理?!(自分のキーロック使用可)
☆共同キッチン(冷蔵庫&シンク2つ有り、食器や鍋類豊富)
☆ラクシュマンジュラーよりのラムジュラーなので、どちらへも行き易い
☆メイン通りから少し外れるので静か

▲まるみえ日記さん「リシケシのゲストハウス/Rishikesh’s Guest House」より)


この部屋を拠点に、妻は引き続きヨガ三昧の毎日。
僕は周辺をぶらついたりWifiのあるカフェに行って仕事したりブログ書いたり。
そう、このAnandaさんにはWifiが無かったので、何かと不便を強いられました。

ネットをOFFにしてヨガや瞑想に勤しむ人にとっては良い環境かもしれないが、僕のようにネットがないと何もできない人間にとっては徐々にストレスがたまってくる状況です。

そこでこの部屋を気に行っていた妻に頼み込んで、Wifiのある宿にチェンジしてもらうことにした。すまんの~



スポンサーリンク


リシケシのラムジュラエリアは宿情報少なし

いつもBooking.comで宿探しをしていたのだけど、このラムジュラ周辺はとにかく登録している宿がまだまだ少ない。
Google Mapを見ても情報に乏しく、この地を訪れる前は、ほとんど未開の何もない場所なのかとイメージしてたくらいです。

しかし実際は小さな路地裏にいろいろな店やゲストハウスなどが存在していました。

ラムジュラ

▲別の宿へ移動。ネット上にはあまり出ていないホテル、お店やカフェなどもいろいろあります。

ラムジュラ

▲狭い路地裏を歩いてた時の写真。不安になる工事用の足場・・・。

ラムジュラ

▲燃料にするため、壁に牛フンを貼りつけて干してあるのもインド・ローカルならではの光景。


ラムジュラエリアの細かいマップ(大まか)

自分らが滞在していたエリアの細かい路地をマップにしてみました。
ただし記憶違いや場所が不明確な点があり、あくまでも参考程度にご覧ください。
(後日アップデートするかも)

ラムジュラエリアMAP

※マップ上に「ガネーシャカフェ」や「ヨーグルト」などのスポットが入ってるけど、それについては下の記事で。

https://www.luisaq.com/2684.html

MAP場のスポットを紹介していきます。
まずは宿泊施設から。


Ganga’s Usha Guest House

Ganga Usha

Ananda G.H.から引っ越して移って来た宿がこちら。
よく手入れされて広々した庭を臨む3階建てのしっかりとした建物。
うちらは2階の角部屋に泊りましたが、Wifiもバッチリと入りいい感じです。
エアコンはなくファンだけだったけど、酷暑の季節でもなんとかやり過ごせるレベルでした。
レセプションっぽいスタッフルームが2階にあるんだけど、普段は30m先の角を曲がったところにオフィスがあり、そこにはスタッフが常駐しています。

Ganga Usha

▲電源が変な所についていたのが難点。備え付けの椅子や机を電源近くに移動してPC作業してました。

ダブルルームで1泊500ルピー。(シーズンによって変動します。)
一度バスルームが断水して水が出なくて困った事があったけど、スタッフに言ったところその日のうちにちゃんと直してくれました。ここを管理してる若い兄ちゃんが割といろいろ面倒見てくれました。

トリップアドバイザーでもなかなか評判いいみたいですな。

Tripadvisor “Ganga Usha Hotel”

Ganga Usha

▲屋上にも上って夕日も眺められます。(朝はスタッフが寝ているのか屋上へのドアが閉まっていることがある。)


Hotel Narayana Kunj

周辺で「Narayana Kunj」というWifiがバリバリ飛んでたので、検索したらこのホテルでした。上述のGanga Ushaのすぐ近く。
ここも広くて快適なホテルということで評判が良いみたいです。

Narayana Kunj

source:roomwale.com

Hotel Narayana Kunj

▲Hotel Narayana Kunjの裏にある畑地帯。

Tripadvisor “Hotel Narayana Kunj”

料金は1泊400~550ルピーほど。(トリップアドバイザーのコメントより)
(ホテルのオフィシャルサイトもあるみたいですが、アクセスしようとするとウイルスフィルターがかかって開けん!なので正確な料金は不明。)

追記:Narayana KunjのWEBサイトにノンエアコンで1泊900ルピー、エアコン・デラックスで1泊1,200ルピーと記載がありました(いずれもオン・シーズンの場合。オフシーズンはもう少し安くなります)。

畑や森に面していてとても静かな環境。おススメ宿です。


Rishikesh Yog Peeth

ここはホテルではなくて、いわばヨガ・アシュラム。幾つかある宿舎のうちの一つがこのラムジュラの静かなエリアにあります。
ホテル同様、快適な部屋に滞在しながらヨガやアーユルヴェーダを学べるコースが幾つか用意されており、主に欧米から多くの人たちが参加しているようです。
緑色の建物が特徴的なラムジュラの宿舎は「Krishna Cottage」と呼ばれ、合計200時間のヨガ・ティーチャー・トレーニングが行われています。
Wifiもバリバリ飛んでおり、問題ないかと。

RISHIKESH YOG PEETH

サイトを見ると、決められた日程でコースが開催されており、事前予約が必要。
コースの期間はだいたい40日間で金額は1350~1400ドルと少しお高め。
※サイトを確認した時点では全てのコースが予約いっぱいでした。

Rishikesh yog peeth

source:rishikeshyogpeeth.com

インドが初めてで、いろいろ煩わしい思いをしたくないって言う人にはいいかもしれませんな。


Health Cafe

これはホテルじゃないけど、ラムジュラのWifiスポットとして紹介しておきます。
Ananda G.H.がある小道から大きめの通りに出たT字路のところにあります。一見カフェとは思えないような地味な作りの建物の2階。何となく入りづらい雰囲気が漂っています。
中に入ると従業員がダルそうにテレビ見ており、あんまりいい印象じゃなかったです。ミントティーを頼んだら、ただのお湯にミントの葉っぱが入っているだけで残念でした。
Wifiはちゃんとつながるけど、自分が入った時はなぜかよく停電してマイった。
あんまりおススメできないけど、Wifi使いたい時はちょっと寄ってみるのもいいかも。
(追記:トリップアドバイザーでは割と評判が良いみたいです。料理はおいしいのかな。お店って入った時の印象で決まっちゃいますよね~。)

ちなみにAnanda G.H.に行く小道の途中に「Oasis Cafe」という欧米人に人気のカフェがあっていい感じの雰囲気なんだけど、Wifiはナシ。ここがWifiちゃんとしてたらAnandaさんにずっと泊って入り浸ってたかもしれない・・・。

参考:[インド旅行記]オアシス・カフェ(OASIS CAFE Rishikesh・ラムジュラ)


さいごに

ガイドブックとかにも載ってることだけど・・・

静かに過ごしたいならラムジュラ、便利に過ごしたいならラクシュマンジュラ

がおススメ。

オシャレなカフェやWifiバリバリのホテル、ゲストハウスが多いラクシュマンジュラのエリアに比べて、今回うちらが滞在したラムジュラエリアは本当に素朴で静かな印象でした。

ラムジュラはあまり観光化もされておらず、心静かにリシケシ滞在したい人にはおススメのエリアです。

スポンサーリンク