南インドで乗ってたバスがパンク!その一部始終をレポート

2015年8月1日

チェンナイから南に下った海沿いの町、マハーバリプラムに移る時のこと。
長距離バスの割に見るからにオンボロ。


11


乗客も定員以上乗車し、満員状態。
お構いなくバスはフルスピードで目的地へ爆進する。
カーブもほとんどスピード落とすことなく車体を傾けて強引に進む。


目的地へあと4kmと迫ったところで、ついにやっちゃいました。


バスッッ!!と鈍い音がしたかと思うと急に車体が大きく右に傾き、そのままコントロール不能になり左の路肩に緊急停車。
すぐに右後輪がバーストしたと分かりました。


12


おもしろいのは乗客の反応。
特に騒ぐこともなく「あーあ、仕方ねーなー」くらいの反応でみな当たり前のことのように次々と荷物を持ってバスから降りていくのです。
気づいたらキョトンとしてるうちら2人しかバスに残ってませんでした。


とりあえずうちらも荷物を持って外へ。
右後輪を見るとタイヤ2本とも見事にパンクしていました。


13


どうしようもないので日陰になっているところに腰を下してのんびりすることにしました。
他のインド人達もみんな特に怒ることもなく、むしろこの状況を楽しんでるかのようにさえ見えました。


14


どこからともなくアイス売りのおっちゃん登場。
ハイウェイの真ん中。一体このおっちゃんはどこから来たのか。アイスは飛ぶように売れていました。


15


この先どうすんだーと不安に思っていたらインド人が「バスッ、バスッ」と叫びだしました。
なんのこっちゃと思ったらどうやら同じ目的地に行く別のバスが来たのでそれに強引に乗り込むということらしい。


走ってきたバスは既に満員状態でしたが、そこにさらに倍の人数が強引に乗車。
重い荷物を担いだまま出口付近の手すりにしがみついた状態で発車。かなり無理な体勢です。
ふと、「この状況でまたパンクしてバスが横転でもしたら間違いなく死ぬな。」とか恐怖心を抱いてしまう。


しかしほどなくして目的地付近に着いたようで、うちら2人だけポトッと落っことされました。
妻はわけの分らん所にわけの分らんままほっぽり出されるのがすごく嫌みたいでパニクッてましたが、近くの店で居場所を尋ねると今日泊まるホテルの近くだということがわかりました。


結果的に無事ホテルにたどり着くことができ、事なきを得ました。


インドに限らず旅の間にトラブルが起きても結構なんとかなってしまうので、怒らず不平不満を言わず不安や恐怖心も持たず、今目の前にある状況をポジティブに受け入れることが大事です。


何事もなんとかなる。楽しくやろう。

スポンサーリンク