震災の影響で海外からの旅行者激減。観光業界どうなる?

2015年8月1日

今日は店が休みなので自宅でのんびり、と思ってたけどいろいろ仕事があってゆっくりもしていられなかったっす。こんな時でも仕事を頂けるのは本当にありがたいことだと改めて思います。面倒な雑務も不条理な対応もたまにあるけど、仕事ができるだけありがたい。
ところで、たまに仕事をくれる旅行会社の人は、直接被害はなかったけど今後の旅行業界の行く末を考えると影響はこれから…なんて言っておりました。しばらくして落ち着いて、じわじわといろいろなところで思ってもみない事態が起こってくるのかもしれない。

海外からの旅行客が激減しているそうですが、現在の原発の状況を考えると諸外国はしばらく渡航自粛勧告を解除できないだろう。日本全体に「危険」というレッテルが貼られてしまって、安全なはずの関西や九州などにも外国人が来ないというのは、どうにかしなくてはいけないんじゃないかと思います。
レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジも長崎のイベントに来るはずだったけど、来日を断念 したらしい。
他にもハウステンボスや宮崎のシーガイア、大分の湯布院とか、海外にも知られている観光地から外国人が減少している ようです。

九州って…今回の地震も原発事故も直接関係ないと思うがー。と日本人は思うかもしれないけど、例えば一昨年だったか、メキシコで豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)が発生した時に、メキシコ国内で安全な場所もあったはずなのに、メキシコという国自体に渡航自粛勧告が出されてしまったので入国できない…という事態が発生しましたが、それと同じようなことなのかなと思ったりしました。

こんな状況が長く続くようなら本当に日本の観光業界、国内旅行業界やばいんじゃないかと思う。
インフルエンザなら時間たてば収束するけど、原発は落ち着くまで何年もかかる見通しとかいう見方もあるし。。。どうなる??

スポンサーリンク