旅のレビュー 海外の旅

辛苦の歴史と対峙する場所。トゥールスレン虐殺博物館

辛苦の歴史と対峙する場所。トゥールスレン虐殺博物館

シェムリアップからプノンペンに戻って先日も泊った中華系の宿にチェックイン。

 
すると何やら赤い服装をした人々が。

冗談で「タイの赤シャツ隊じゃね?」と言ってたら、どうやら本物の赤シャツのみなさんのようでした。タイ語の文字や最近首相になったインラックさんのイラスト、タクシン元首相のバッチなどをつけていて判明しました。

トゥールスレン

その人数が半端ない。このホテルだけじゃなくて街中でもあちこちで見られました。慰安旅行なのか、カンボジアも赤シャツに染めるつもりなのか、意図は不明。

それはさておき、翌日は一日時間があったので行っておきたい場所がありました。

S21(トゥールスレン)虐殺博物館。

カンボジアの負の遺産とも言うべき、1970年代後半のポルポト政権時代の政治犯収容所、現在は博物館として当時の様子がそのまま残されています。

以前にカンボジアに訪れた時もこの博物館に訪れたんですが、最近「キリングフィールド」という映画を見直したり虐殺に関する書籍や当時のルポタージュなども幾つか読み、予備知識を頭に入れた上で再訪することにしました。

博物館に行く前に大量虐殺の現場となった「キリングフィールド」に足を運びます。

収容所から理由もなく連れてこられた無数の囚人たちが目隠しをされて惨殺された現場。

今では慰霊碑が建てられ、ここで見つかった遺体の頭蓋骨などが展示されています。

トゥールスレン

トゥールスレン

このような穴があちこち掘られ、その中に大量の死体が放置されていたといいます。

トゥールスレン

車で移動してトゥールスレン博物館へ。

この場所で実際に拷問や処刑などが行われていました。

当時のむごたらしい遺体の写真も展示されています。

トゥールスレン

トゥールスレン

収容者たちは足枷をされてせまく暗い部屋にすし詰め状態で収容されていました。

トゥールスレン

昔は学校として使われていたこの建物も悲惨な拷問部屋になり変ってしまった。

トゥールスレン

敷地内に幾つか建物があり、それぞれ写真展示室などとして一般の人や外国人旅行者に公開されています。

トゥールスレン

収容者の写真やクメール・ルージュ(当時の支配層:拷問や処刑を行う側)の人々の生々しい顔写真がずらり。

トゥールスレン

建物の外側。細かい規制もなく割と自由に歩き回れます。

トゥールスレン

こちらの建物は鉄条網が当時のまま残されています。これでは逃げることは不可能。

トゥールスレン

トゥールスレン

こちらは独房がそのまま残されています。

部屋の中にブロックを組み上げ、人一人が入れるくらいの狭いスペースで区切られています。

トゥールスレン

トゥールスレン

トゥールスレン

別の建物の独房部屋。どす黒い木で作られた扉がものすごく重苦しい雰囲気を醸し出しています。

トゥールスレン

トゥールスレン

動画も撮ってみた。


最後にクメール・ルージュだった人々の証言が幾つも展示された部屋があり、当時の顔写真と現在の生活ぶりを示す写真、そして当時はどういう心境だったのかというコメントを見ることができました。

それによると、ニュアンスは異なるけど「本当はそんなことはしたくなかった。しかし逆らうと上官から罰を受けるのがつらかったので命令には従った」というような証言が多かったように思えます。

今では農民や普通の商店などで働く一般人なのに、当時は人の心も鬼に変えてしまう恐怖政治体制が敷かれていた様子が分かります。

今では平和が訪れたカンボジア。まだまだ貧困の問題などたくさんあるけど、過去の悲しい歴史を振り返りつつ今後の発展につながっていくことを期待したいです。

参考
ウィキペディア「S21 (トゥール・スレン)
映画「キリングフィールド

PROFILE

LUIS画像

LUIS(るいす)
旅好きエコ好きミニマルライフ

あちこち世界を旅したいがために、どうすれば移動しつつも仕事をして生活できるかを日々考えている。ジプシーな音楽活動をライフワークとしつつ、普段は湘南・大磯でWEB関連の仕事をしながらひっそりとスローな生活を楽しんでいる。
気になった情報、旅ネタ、音楽ネタ、ライフハック、体と心にやさしい生き方など、思うまま書いていきます。

詳しいプロフィール

Random Posts

最近ツイート

SNSフォロー