Skip to content

あるがままケセラセラ Posts

違和感を感じない波に乗る。あやべ吉水で開催された黒谷和紙とコウゾ食品のイベント

去年も2度訪れた京都の綾部にある「あやべ吉水」に今年も6月下旬から10日間ほど滞在してきました。
黒谷和紙の作家作品展示会とコウゾ食品販売のイベントお手伝いにも参加し、とても居心地の良い日々を過ごすことができました。

続きを読む 違和感を感じない波に乗る。あやべ吉水で開催された黒谷和紙とコウゾ食品のイベント

Comments closed

インド旅から学ぶ。混沌の中でも楽しく生きるヒント

川の流れに逆らって無理矢理自分の進みたいルートで進もうとすると結構大変です。
でも結局行きつくところは同じ川の下流。広大な海。
そんなに気を張って自分の思い通りにしようとしなくてもいいんじゃない?
まずは流れに身を任せて、進むべき方向に着実に進んで行けばいい。

続きを読む インド旅から学ぶ。混沌の中でも楽しく生きるヒント

Comments closed

タイ南西部、カオラックのバンニャンビーチが気に入った5つの理由

ミャンマーを2週間ちょっと旅して最南部の町から船でラノーンへ渡りタイに入国。
その後バスで4時間ほどかけてカオラックという町にやってきました。
カオラックの「カオ」は山の意味、「ラック山」という山を抱く地域の総称をカオラックと呼んでおり、その海岸沿いには幾つかのビーチがありリゾート地として知られています。

カオラックを知ったのはタオ島(タイの東海岸、サムイ島の近く)でダイビングをしていた時のこと。
スキューバでお世話になっていた「Big Blue Diving」の支店がカオラックという場所にあると聞いて名前だけは知っていました。
いつかは行ってみたいなと思ってましたが、今回せっかくタイ南西部に来たので少し足を伸ばして行ってみようということになった次第です。

今回僕らが滞在したのはカオラックのバンニャン・ビーチというエリア。
初めてだったけどとても気に入っちゃいました。
というわけでバンニャンビーチエリアのこんなところが良かった!というのを挙げてみたいと思います。
続きを読む タイ南西部、カオラックのバンニャンビーチが気に入った5つの理由

Comments closed

ミャンマーのプリペイドSIM「ooredoo」を2週間ちょっと使ってみた

ミャンマー国内のSIMカードは幾つかのキャリアがプリペイドSIMを発行していて、空港や街中などで面倒な手続きなしに誰でも購入できます。
今回はヤンゴン中央駅の「ooredoo」ショップで30日有効のSIMカード(データ通信2.5GB分)を買って、手持ちのSIMフリーiPhone6に差し込んで使ってみました。

ミャンマーはまだまだLTEが発展途上で基本3G回線のみでしたが、普通にネット接続する分にはほとんど問題ないレベルで快適に使用することができました。

今回はooredoo SIMカードの購入や使用感などをレポートしたいと思います。
続きを読む ミャンマーのプリペイドSIM「ooredoo」を2週間ちょっと使ってみた

Comments closed

ミャンマー南部の町ベイから一日かけてタイのリゾート地カオラックまで移動

2週間以上に及ぶミャンマーの旅も終盤。 南部のベイから一気に最南端のコータウンまで行き、さらにそのあ…

続きを読む ミャンマー南部の町ベイから一日かけてタイのリゾート地カオラックまで移動

Comments closed

バンコク・スワンナプーム空港で一晩過ごすのに最適なゴロ寝スポット

最適かどうかは分かりませんが、スワンナプーム空港で割りと静かで落ち着いて寝られる場所はココなんじゃないかというところを紹介します。
続きを読む バンコク・スワンナプーム空港で一晩過ごすのに最適なゴロ寝スポット

Comments closed

追突事故に遭遇。スリランカの長距離バス乗車はある程度の覚悟が必要

アヌラーダプラからコロンボへ向かうバスに乗車中、後ろから追突される事故に遭遇してしまいました。 僕ら…

続きを読む 追突事故に遭遇。スリランカの長距離バス乗車はある程度の覚悟が必要

Comments closed

世界遺産シーギリヤ。狂気の王様が築いた天空の宮殿に孤独な風が吹く

ダンブッラの次に向かったのはスリランカ随一の世界遺産「シーギリヤ・ロック」へ! ダンブッラのバスター…

続きを読む 世界遺産シーギリヤ。狂気の王様が築いた天空の宮殿に孤独な風が吹く

Comments closed