海外の旅 趣味・体験

タイ旅2004。バンコクの「死体博物館」見物

タイ旅2004。バンコクの「死体博物館」見物

バンコクでは最後に「死体博物館」へ足を運びました。

外科解剖博物館では前回と変わらずホルマリン漬けの死体の数々が展示されてあります。

「シャム双生児」と呼ばれる奇形の双子の標本がかなり衝撃的。

頭がくっついている双子や体全体がまさに一心同体となっている赤ちゃんの標本。どれも目を背けたくなる展示物ばかりだが、「生とは」「死とは」なんぞやと考えさせられます。

続いて法医学博物館。(別名シーウィー博物館)

ここは一年前も訪れたのだが、半端じゃないショックを受けた場所。

シーウィーという大悪党のミイラが入り口付近に展示されており、その他事件や事故で死んだ人たちの生々しい展示物がこれでもかというほどにならべられてあります。

(ちなみにシーウィーとは昔5人の幼児を誘拐して殺害し、その肉を食って生活していたという狂人。)

前回訪れたときは旅先で出会ったemily氏と行動をともにしたけど、今回はこの衝撃を家族にも味あわせようと連れてきました。・・・しかし館内の様子が少し変わっているのに気付きました。

なんだかこうあっさりしたような・・・。

そうだ、現場の写真が全て取り払われている。

以前来た時は、焼死体や轢死体の生々しい事故現場写真のほか、例えば頭を打ち抜かれた人の頭蓋骨の後ろにその事件直後の現場写真が説明付きで貼られていたりしたのですが、現在はそういうかなりヤバイ写真が全てきれいにはがされていたんです。(確かにセロテープの後があちこちにあった。)

何でもアリのタイランドもさすがに人権問題は無視できなかったのだろうか。それとも遺族の感情をあまり考えていないような展示方法に国際世論がだまっていなかったのだろうか・・・。

はたまた、日本で「人体の不思議展」を観覧していた女の子がショックで倒れて救急車で運ばれるというハプニングがありましたが、それと似たようなことがここでもあったのだろうか。

理由はどうあれ、ちょっと肩透かしを食らった気分で一通り館内を巡ります。

スペースが区切られていて、縮小してしまった感じがしたが、地元のタイ人が老若男女とわず、まるで「水族館の魚を見るような眼で」死体の数々を見ている姿は相変わらずでした。

外に出てすぐにはごはんを食べる気になれなかったけど、市場の雑踏や地元民の活気にもまれるうちにすぐ腹が減ってきた。

タイはほんと、不思議な国。

日本にはないものを一杯持っている。

たぶんまた行っちゃうんだろうな。

今度はタイマッサージでも習いに行こうかな。

は~、日本に帰ってきて、たまった仕事に埋もれ気味。

おっともうこんな時間だ・・・トホホ!

3 Comments

  • Reply

    emily

    2004年7月18日

    アラアラ それは確かに肩透かし。。
    お母様、お父様、お変わりないですか?(笑)
    お帰りなさい。(^▽^)お仕事がんばってください◎
    つい先日祖母が亡くなり、生死についてしばらく考えておりました。
    病院の待合室で 養老孟司の「死の壁」を読みました。
    「水族館の魚を見るような眼で」というluisaqさんの感覚、私もすごくわかります。私は死体を「しぼんだ風船のよう」などと以前記録しました。
    何か共通するものがあるかもしれません。ぜひ読んでみてYO☆
    あぁ~~行きたいなぁタイ!

  • Reply

    luisaqaq

    2004年7月18日

    > emilyどの
    いつだったか坊さんからこんな話しを聞いた。
    「人は生まれるとき、つらく厳しい人生がこれから始まるのを憂い泣いて生まれてくる。しかし死ぬときはやっとつらい人生も終わった、と微笑んで死んでいく。」
    まあ実際は笑って死んでいけるくらい楽しく幸せな人生を送りなさいよ、ということなんだと思うけど、自分も死ぬときゃ笑って死にたいよ。
    おっと、今から「死」のことを考えてちゃいかんね。
    でも身内で不幸があったりするとしばらく考えちゃうものだよね。
    タイの死体博物館もすごいけど、インドという国はもう全体的にカオスで、なにもかもがごちゃ混ぜになっているようなところ。
    そう、生と死さえもごっちゃまぜになっているような気がしたよ。
    機会があったら是非訪れてみて下され。

  • Reply

    emily

    2004年7月20日

    うーん 坊さんの話、興味深いなぁ。
    仏像の顔が幸せそうな国とそうでない国と、どんな背景があるんだろう、とかふと考える。
    インド!今一番行きたいところなんだ(^▽^)
    そのために今バイトしてお金貯めてる◎
    秋口までにお金貯まれば行ってきたいです。
    その頃はまた話聞かせてくださいねん☆
    養老孟司の本にも「インドの川は死体が流れていて・・・」というようなことが書いてあった気がする。
    うっほい☆行きたい!!

コメントする

PROFILE

LUIS画像

LUIS(るいす)
旅好きエコ好きミニマルライフ

あちこち世界を旅したいがために、どうすれば移動しつつも仕事をして生活できるかを日々考えている。ジプシーな音楽活動をライフワークとしつつ、普段は湘南・大磯でWEB関連の仕事をしながらひっそりとスローな生活を楽しんでいる。
気になった情報、旅ネタ、音楽ネタ、ライフハック、体と心にやさしい生き方など、思うまま書いていきます。

詳しいプロフィール

Random Posts

最近ツイート

SNSフォロー