BIC SIM (IIJmio SIM)に乗り換えたけどいきなり無くしたので再発行してもらった

2017年12月6日

BICSIM

12月にdocomoの2年縛りが終了したのを機に、格安SIMに乗り換えました。
選んだのはBIC SIM(IIJmio SIM)のミニマムスタートプラン
毎月2Gのデータ通信+音声通話+国内SMSのプランで、毎月1,600円
これに通話料金(20円~/30秒)国内SMS(3円/1通)が使った分だけ追加される計算。

これまでドコモxiのパケホーダイを利用していたけど、毎月2Gも使っておらず、電話もSMSもたいして使ってなかったのに、月々7千円以上支払っていたのがバカらしく思えます。


スポンサーリンク


だけどいきなりカード紛失!サポートに再発行要請してみる

さてさて、晴れて格安SIMに乗り換えたわけだけど、半月もしないうちにいきなり無くしてしまいました!

12月中旬からタイに行っており、現地のSIMカードを入れていた際に日本のSIMカードを紛失しちゃったのです。我ながらスットコドッコイです。

誰かに悪用される前にデータ通信と音声通話をストップさせるべし。

まずIIJmioの会員専用ページにログイン

会員用お問い合わせ窓口のフォームから紛失の旨と再発行要請の連絡をします。

すると翌日にはサポートから丁寧な返信がありました。

不正利用防止のための各お手続きや、SIMカードの再発行(有償 : 1枚につき 2,000円/税抜)をご希望の場合は、下記サービスQ&A の記載内容をご確認の上、契約者ご本人様よりお電話にて、IIJサポートセンター(TEL:03-5205-4400)へ改めてお問い合わせください。

さらに、再発行には本人確認書類の提出が必要との記述があったのですが、これもWEB上で処理することができます。
この時はまだ海外にいたので電話は避けたかったため再度お問い合わせフォームから「本人確認書類の提出」希望の連絡を入れます。

1日も置かずサポートから返信が来て、「本人確認システムへのログイン」の案内を受けます。
本人確認には顔写真付きの身分証明書が必要ですが、僕は持参したPCの中に以前にどこかで提出した免許書コピー画像が保管してあったので、それをそのままアップロードして送信しました。

するとすぐに「IIJmioサービス 変更申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。
これで紛失したカードを悪用される心配がなくなりました。

翌日、「本人確認完了のご連絡」メールが届きました。これであとは再発行されたカードを入れれば元通りというわけです。

しかしここで一つ問題が。

1週間程度で本人確認の取れた住所へSIMカードをお届けしますので、到着までしばらくお待ちください。

こんな記述があり、どうやらカードが届くまで1週間ほど待つ覚悟をしなくてはいけないようです。

IIJmioの丁寧で迅速なサポートに感動

このメールを受け取ったのが帰国する前日なので、こりゃしばらくWIFIのみで過ごさないといけないなーと考えていました。
しかし、なんと帰国したその日に「ready to start」というタイトルのメールが届き、カード配送が完了したと連絡をもらいました。

用事があって家に着いたのはその翌日だったのですが、帰宅して数時間後にタイミングよく新しいSIMカードが到着!すばらしいタイミング!

2014-12-09-20.29.12

カードを入れ直してiPhoneの設定画面「モバイルデータ通信ネットワーク」のAPNやユーザ名を入力。
これで再び問題なくデータ通信を行えるようになりました。

紛失したのが分かった時「なんてこったー(ToT)」と思ったけど、サポートの迅速な処理と丁寧な対応でまったく滞りなく再発行してもらえたのには感動しました。
年末の忙しい時期だと思うのに、申し込み後カードを1日で送ってくれたのもナイス!

そんなわけで、サポートの的確さから見てもIIJmioはおススメです!

音声通話機能付きでなければネット上ですぐに購入+申し込みが可能です。

スポンサーリンク