【旅人目線動画】GoProでPOV動画を撮るのに最適な方法とは?

小型アクションカメラはいろいろと発売されてますが、僕はGoPro一択です。
カメラ安定(スタビライズ)機能や4K撮影(高画質)、240fps(滑らか動画)にも対応しており、手軽なのにハイクオリティな動画を撮影できちゃう代物としてかなり重宝してます。
僕はバンドのライブでギターに装着したり、旅行の様子を動画に撮ったりするのに使ってますが、一番の目的といえば海外の旅の際に撮る「旅人目線の動画」。これが結構おもしろいんです。
今回はGoProで旅人目線動画を撮る方法などをご紹介したいと思います。

人の目線で撮る動画=POV動画

人の目線で撮影する動画は英語では「Point of View」略してPOV(ピー・オー・ビー、あるいはポブ)と言うようですね。
他人の撮った旅のPOV動画が好きで、たまにYouTubeで眺めたりしてます。

自分でもこういう動画撮ってみたいなーと思い立ち、昨年初めてGoProを入手。
それからは旅の必須アイテムとなりました!
YouTubeで動画をUPしておりますが、ダイジェスト版として1秒動画を切り出して1分ほどの動画にまとめました。

中国〜ベトナムの旅 (GoPro Hero4 Sessionで撮影)

胸ポケットにGOPro

▲両胸にポケットがあるシャツなら片側にその他のものも収容できる。POV動画撮影以外でも役に立つので旅ではだいたいいつもこの格好。

▲長袖や襟付きのシャツが嫌な場合は半袖Tシャツでも胸ポケット付きのやつがいくらでもあるので、それを使うと良いかも。試しにGoProを差し込んでみたらこれでも結構安定した。次回はこのシャツを持って行こう。

今回のケセラセラ

旅で気楽にPOV動画を撮る。余分な荷物は持ちたくない。
・・・ミニマリスト的な発想で突き詰めた結果、胸ポケット差し込み方式が一番自分に合ってると思い、今回ご紹介しました。
見た目を気にしなければ安定感のあるヘッドストラップやチェストハーネスでがっちり固定し、より一層の安定感を求めるならジンバルなどの機材を使い、音にこだわるなら外付けのマイクを装着するなど、こだわりどころは人それぞれ。
自分のスタイルに合ったGoPro撮影でPOV動画を撮ってみることをオススメします!

スポンサーリンク