観光名所バゴーの街で何もせず過ごす1日

2017年12月5日

ミャンマーに来ております。
ヤンゴン→バガン→マンダレーと移動し、現在はバゴーという町に滞在しています。
リアルタイム更新という手法で旅日記(ブログではない)を更新している人がいて、面白そうだな、ということで僕もやってみることにします。

2016/02/13(土)
昨夜バゴーに着いてその後はどうしようかと考えながら眠り、朝を迎えました。
熱帯でも乾季の時期は朝晩冷えることがあり、今朝もやや肌寒さを感じました。
うっかり薄着で眠ってしまうと朝体が冷えて体調を崩してしまうことがあるので、夜は暑くてもしっかり長袖を着て寝るようにしてます。

妻が少し体調を崩し、腹も下し気味。なので移動はせずこの町でもう一泊ゆっくりすることにしました。


スポンサーリンク


バゴーのメインロード沿いの安宿「ミヤナンダホテル」からもう一つの「エンペラーホテル」に移動

泊まっているMYANANDA HOTELは文句はないんだけど通りに面していて車の往来の音がうるさい、そして部屋があまりきれいじゃないので、別の宿に移ることにしました。
ちょうど向かいにもう一軒の安ホテル「EMPELAR HOTEL」があったので値段を聞きくと20ドルという。
しかし地球の歩き方には16ドルの部屋があると書いてあると説明するとちゃんとその部屋を案内してくれました。お客さんが少ないせいか少しでも高い部屋に泊まらせようとしたようです。
16ドルの部屋はツインで、少し奥まった場所にありメインロードの喧騒も和らいでいる模様。こちらに移ろう。

IMG_1322

▲08:12 ミヤナンダホテルの室内。窓の外斜め前はすぐメインロード。

IMG_1323

▲08:46 ミヤナンダホテルの朝食は微妙な位置にあるラウンジで。
甘いオレンジジュース、油っこい目玉焼き、ほとんど焼かれてないトーストなど。

DSCN0013

▲09:31 ミヤナンダホテルの部屋からの眺め。向かいにあるミントグリーンの建物が今日移る予定のエンペラーホテル。

DSCN0016

▲12:06 MYANANDA HOTELの入り口

DSCN0020

▲12:15 EMPEROR HOTELの隣は中華系のTHREE FIVE HOTEL。春節でたくさんの中国人が旅行に訪れており、泊まっているバスもたぶん中国人ツアーバス。

DSCN0022

▲12:16 ミヤナンダホテルの並びにあるカフェでバスチケットを扱っているので、パアン行きのバスについて聞きました。しかし出発時間がギリギリとのことで断念。この時点で今日はバゴーでもう一泊ゆっくりしようということに。

DSCN0023

▲12:31 EMPEROR HOTELにチェックイン。20ドルの部屋を最初案内されたけど16ドルの部屋もあるとのことでそちらに。2階レセプションから外の景色。

DSCN0027

▲13:14 このホテルは周辺で一番高い建物らしく、屋上にも自由に出入りできて眺めを楽しめます。バゴーの景色が一望。エンペラーホテルの名は伊達じゃない!?

DSCN0029

▲13:23 エンペラーホテル外観。確かに周辺で一番高い建物だ。。

バゴーのメインロード沿いは食べるお店少なし。駅へ続く道にいろいろあります

DSCN0031

▲13:40 ランチは駅に行く途中にあったオーソドックスなカレー屋さん。(STK Cafeというお店。あとで名前を知りました。)
ウェイターのいかついおじさんは丁寧で料理の説明やfree wifiのことなど親切におしえてくれました。料理も久々においしいと感じた。チキンカレーとレモンサラダ。そして腹壊し中の妻はやさしいモヒンガー。

DSCN0033

▲14:43 駅への途中。気温も上がりかなり暑い。ワンコ親子もこの通り。一番左の子、股間に鼻がぁぁ・・

DSCN0034

▲14:43 駅への途中。ものすごく古いアパートが。いつ建てられたのだろう。しっかり人が住んで生活が営まれてます。

バゴーからモーラミャインへの列車時刻を確認

バゴー駅で明日の列車について聞いてみました。
外国人は駅建物入ってすぐの窓口じゃなくてホームの方にある窓口で英語の話せる職員さんが丁寧に対応してくれました。

列車の発車時刻は3通りあり、どれもヤンゴンからバゴーを経由する列車。
夜行もありましたが、ちょっと疲れそうなので結局明日は9時の列車でモーラミャインへ行くことに決定。
チケットは明日の朝8時半くらいにもう一度駅で確認とのこと。
ちゃんと仕事ができそうな職員さんだったので信用してその場を後に。

予定を遂行し、再びホテルへ戻ります。

DSCN0036

▲15:03 ホテルへの帰り道。道端でミシンを使うおじさん。古い足踏みミシンを大事に使っています。

DSCN0039

▲15:05 お坊さんと小坊主さん。

DSCN0040

▲ホテルへの別の通りを歩くと小さな市場になっていました。野良牛さんがゴミをあさっていました。インドでは日常の光景ですがミャンマーでもたまに見かけます。

エンペラーモーテル屋上からバゴーの景色を一望できるって知ってる?

この日は列車のチケットを確認して予定終了。あとはホテルの部屋に戻ってゆっくりと過ごしました。たまには歩き回らずに休むことも大事!

夕暮れ時にエンペラーホテルの屋上に出て夕焼け空を楽しむことにしました。
ここからの景色がなかなかの絶景でした。

DSCN0042

▲エンペラーホテル屋上から見える景色。

DSCN0050

▲17:32 エンペラーホテルの裏側には結構大きめのモスクがありました。

DSCN0053

▲18:09 お腹壊している人は調子悪そう。いつもだったらここでヨガとかする勢いなんだけど。

DSCN0054

▲18:09 頭上を見上げると月が。今日もよく晴れました。

DSCN0060

▲18:16 エンペラーホテルじゃなくて「EMPEROR MOTEL」だった。正確には。まあどっちでもいいや。夕焼けきれい。

DSCN0068

▲18:19 東の方向を望遠で撮影。遠くに見える仏塔は「Shwemawdaw Pagda」。バゴーの名所の一つ。結局この町では観光とかしなかったなあ。

夜ご飯もSTK Cafeで。ビールを出さない健全?なお店

この日は結局これと言って何もせず休息な1日でした。
それでもおなかは減る、ということで夜ご飯はまたお昼と同じ「STK Cafe」へ。

DSCN0071

▲18:37 暗くなってからメインロードの様子。

DSCN0075

▲19:23 エンペラーモーテルの隣のTHREE FIVE CAFEは中華系のホテル兼レストラン。旧正月のお祝いのためか太鼓の鳴り響く音がしておりました。そして店の前に停められたこのバイクの数。繁盛してます。

DSCN0076

▲19:25 夜のSTK Cafe。お酒を出さないお店にもかかわらず結構込み合ってました。

DSCN0077

▲19:32 STK Cafeのメニューはこんな感じ。ほぼ1000チャット以下。安い!裏にはカレーのメニューリストが。確かどれも2000もしなかったと思う。
“BEER NO DRINKING”の文字が下戸にはうれしい。

DSCN0078

▲19:32 客はみなテレビに映し出されたマンUのサッカー試合観戦。しかしサッカーファンというよりは暇だからボーッと眺めてる感じ。あとは店内のWifiでスマホいじってるか。
若い人が多いように見えました。

DSCN0079

▲19:36 夜ご飯は軽めにモヒンガーサラダとフライドライス。具は少なめ。でもおいしかった。
あとジンジャーサラダを辛くしないで作ってもらいました。

IMG_1324

▲帰り際にスーパーでヨーグルトを購入。お腹の調子を保つための必須アイテム。

今回のケセラセラ

バゴーでは何もしなかったーー!!
移動の続く旅も2週間近くたちました。疲れもたまって体調も少し崩しがち。
そんな時は無理せずに観光などで歩かず極力ゆっくりすごすに限りますね。

スポンサーリンク