楽しくもなく自分がやる必要もないことは今すぐやめた方が良い

生きてる上で楽しいこと面倒くさいこと、いろいろの繰り返しです。

  1. 心から楽しい。ずっと続けていたい。
  2. 楽しめないけど、理由があって続けざるを得ない。
  3. 全然楽しめず、自分がやる必要もなく、生活に害を与える。

おおまかに分けるとこんな感じのことの連続です。

願わくば1の楽しいことをずっと続けられたら最高ですよね。
趣味や遊びに対してそういう感情が持てる場合が多いかと思いますが、仕事に対して「心から楽しい、ずっと続けたい」と思えるのってすばらしいことです。仕事に没頭してやる気も十分。がんばらなくても自然と努力していることになるので、効率よく結果が出せることと思います。

▲好きなことをずっと続けられたら、そりゃ幸せだ。

2は生活していく上でのルーティンとなっていることが多いですね。
例えば主婦あるいは主夫として家にいると、面倒くさいけど生活していく上でどうしてもやらなくちゃいけないことが数多くあります。
洗濯、料理、片付け、子供の世話、買い物、掃除・・・
毎日を快適に過ごすために最低限やらなくちゃいけないことばかりです。
もちろんこれらに楽しさや喜びが感じられれば一番いいですが、多くの人は「楽しくないけど、やらなくちゃいけないこと」としてとらえているのではないでしょうか。(料理や子供の世話とかは生き甲斐や喜びを感じる人もいますね。一応自己フォロー。)

最悪なのが3の「全く楽しめないし、やる必要のないこと」です。
これを状況を考えず、思考停止させて闇雲に続けているとしたら、かなりヤバいことです。
毎日にストレスを感じ、おそらく健康にもなんらかの害が生じてるかもしれません。
自分にとって楽しくない、続ける必要もない、なのに惰性で続けている、そんなことがあったら今すぐ改善すべきかと思うのです。


先日、久しぶりの友人どうしで集まる機会があり楽しみにしてたのですが、そのうちの一人が急に仕事の残業で来られなくなってしまいました
仕事だから仕方ないね、また今度機会があれば会おう、ということでその日は集まった人だけで盛り上がりました。

後日、来られなかった友人から連絡が来て、行けなかったことが残念とのコメントをもらいました。
仕事忙しいんだねーということを伝えたら、現場で急に残業になることが多くて時間が読めないとのこと。

彼が仕事にやりがいを感じてるのか、楽しく続けてるのか、聞いたわけじゃないので知る由もないんですが、楽しみにしていたことをキャンセルしなくちゃいけないほど仕事に没頭してるのかというと、そうでもなさそう


こういう例って結構よく聞きます。

「○○したいけど、仕事があるからダメだ・・・」

そういう人に限って仕事に情熱を注いでいるというよりは、仕方なく続けているという人が多い気がします。
自分のやりたいことを犠牲にしてまで我慢しながらする仕事ってなんなんだろう?

遊びの予定や友人どうしの集まりでドタキャンされるのって結構悲しいですよね。
仕方ないと言えば仕方ないのですが、その理由が「やりたくもない仕事」だとしたらもっと悲しい

「全然楽しめずに、それを自分がやる必要もない。」
仮にそんな会社で働いているとしたら、一刻も早く抜け出した方がいいんじゃないのかなぁ?
フリーで好き勝手やってる僕からしたら、いつもそんなことを感じてしまいます。


好きなことができずにやりたくないことを続けるのって本当に人生を無駄にしていると思います。
単純な発想ですが、本当にそう思います。

今はネットを使っていくらでも自由に動ける時代。
求人サイトで条件にあった会社に転職を考えてもいいし、IT系のフリーランスならクラウドサービスでかなり豊富な案件を見つけることができます。

一昔前と違って終身雇用という概念が崩壊している現代の日本。
インターネットをうまく活用して自由に自分のやりたいことができる時代です。

やりたくもない仕事をガマンして続けなくちゃいない・・・って
昭和かっ!!

そんな風に感じてしまう今日この頃です。


以上、お気楽人間の独り言でした。
ケセラセラ~と人生楽しみましょうね~

スポンサーリンク