人生初のお伊勢参り。外宮参拝、おかげ横丁散策、内宮参拝、伊勢のインドカレー屋さんなど

前日に伊勢に入り一泊しました。
その時の様子はこちら↓

翌日はついに伊勢神宮参拝です。
外宮を参拝した後に近鉄宇治山田駅近くの菜食・自然食料理の食堂でランチ。その後内宮周辺のおかげ横丁でおやつタイム。
夕方ごろ内宮をじっくりと参拝。そして夜はなぜだかインドカレー屋さんへ!
次の日の早朝にも内宮参拝。伊勢を離れる際に寄ったパン屋さんも良かった!
そんな2日間でございました。

それでは行ってみましょう

スポンサーリンク


伊勢神宮の外宮へ

いつかは行きたいと思っていた伊勢神宮についに行くことができました。
昔は庶民の移動手段が徒歩しかなかったため歩いて行くしかなかったけど、今は電車や車でスイスイ。ありがたみも薄れるというものですが、ここはやはり日本最高位の神社ということで気持ちを引き締めて向かいました。

内宮の近くに宿をとってたけど、慣例に習ってまずは外宮から参拝
伊勢神宮は外宮、内宮、そしてそれ以外にたくさん散らばる別宮、これらを全部合わせて伊勢神宮と呼びます。正式にはただの「神宮」と言うらしいのですが、伊勢にある特別な神宮ということで伊勢神宮が通称に。

さて、それらの参拝のスタートを切るべき場所がこの外宮です。

外宮近辺の無料駐車場にパーキングして、さっそく外宮参拝スタート!

敷地内は結構広く、いくつかの神殿があり、以下のような順序で見て周ることにしました。

外宮(げくう)参拝のルート

火除橋→衛士裏見張所→裏参道
↓ 徒歩10分ほど
正宮(しょうぐう)
↓ 徒歩5分ほど
多賀宮(たかのみや)
↓ 徒歩3分ほど
土宮(つちのみや)
↓ 徒歩2分ほど
風宮(かぜのみや)
↓ 徒歩8分ほど
勾玉池(まがたまいけ)

式年遷宮記念せんぐう館
↓ 徒歩8分ほど
駐車場へ

もっと広いイメージがありましたが、実際に歩いてみると意外とコンパクトで合計1時間もあればゆっくり見て周ることができると思います。

外宮参拝時は雨が降っていて、神宮敷地内の神聖な空気も相まって、なんだかとても幻想的な雰囲気に包まれてました。

正宮参拝
正宮参拝。鳥居をくぐってその先の建物(外玉垣南御門)には普通の人は入ることができない。中は四重の垣根と6つの社殿で構成され、その一番内側の一角に何かすごい神様がいらっしゃるとのこと。
正宮前の参道
正宮前の参道。とても清らかな空気が充満。
土宮を参拝
土宮を参拝。正宮以外の場所は人も少なく心静かに参拝することができた。
勾玉池のほとり
菖蒲の花が咲き乱れる勾玉池のほとり。雨も止んできた!
龍に見えませんか?
うっかりスマホを縦にして何気なく撮った勾玉池の写真。よくご覧ください。龍に見えませんか?あら不思議!

伊勢神宮に訪れた人は写真を撮ると不思議な光の玉が写り込んだりすることがあるという。日本一のパワースポットと言われてるけど、あながちそれも嘘じゃないのかもね。
ドラゴンにも会えたことだし(と勝手に解釈しておこう)、とてもスッキリした気持ちで外宮参拝終了!

なぜか水墨画の展覧会に行った後に自然食のお店「喜心」でランチ

お昼の前に妻が「水墨画」を見に行きたいと言い出しました。奈良で榊莫山先生の展示を見たので影響されたのか。
で、どこかでチラシを見つけたらしく、いせトピアという公共施設で水墨画教室の展覧会が催されているとのこと。車ですぐ近くなので行ってみました。

水墨画
地元のカルチャー教室的な展示会で来場者は関係者がメイン。我々は部外者でしかも遠方からなので驚かれました。

アマチュアとは言えすばらしい水墨画を堪能したところでお昼ごはん!

向かった先は菜食・自然食の食堂「喜心」
住宅街の真ん中にある古民家を改装したような味わい深い建物。駐車場も有り。

喜心
入り口はかなりレトロ風。
喜心
オーガニックフードや自然食品の販売も。

ランチメニューの中から「本日の定食」を注文。

喜心
ベジメンチカツ、レンズ豆野菜スープ、凍豆腐煮、紫玉ねぎと黒豆のマリネなどなど。税込み1296円。とてもヘルシーで玄米も絶妙な炊き上がりで美味でした。

ガッツリ派の人には少し物足りないかもしれないけど、安心できる食材で丁寧な食事を楽しむ事ができました!

菜食自然食 喜心
場所 三重県伊勢市吹上2丁目12-5
電話 0596-26-2800
営業時間  11:30~18:00
ランチ営業、日曜営業
定休日:月・水
駐車場 お店の隣に有
WEBサイト Natural vegetarian restaurant KISHIN

もちろん完全禁煙で何から何まで満足のお店でした♪♪

おかげ横丁でおやつタイムとお土産ショッピング。赤福本店、伊勢志摩の海苔店など

ランチ後は一旦宿に戻り小休止。
ちなみに2泊した宿のお部屋はこんな感じ。

伊勢の宿
家かっ!と突っ込みたくなるほどアットホームなお部屋。しかしオーナーさんが愛煙家らしく1階から煙草の煙がモクモク。結構きつかった。Booking.comでも評判良かったんだけどやっぱりタバコはアカン。それだけでウチラの中では評価ガタ落ちです↓↓↓
しかし瞑想やヨガなども開催され、自由な雰囲気+アジアのゲストハウスのような感じで、スタッフの皆さんもとても気さくな人たちでした。

内宮参拝前におかげ横丁を散策
前日は夕方遅い時間だったため店も閉まって閑散としてたけど、それがウソのように活気に満ちておりました!
時間もちょうどおやつタイム。まずは甘いものをと「名物 へんば餅」のお店に。

名物 へんば餅
見た目お饅頭だけどしっかりお餅。中にあんこが入ってる。緑茶とよく合う。
名物 へんば餅
オモテのベンチに座って休憩できる。

続いて赤福の本店へ。
どこかで、誰かのお土産で食べたことのある赤福。伊勢神宮のおかげ横丁にその本店があったんですね~

赤福の本店
由緒正しさ漂いまくりの店構え。

店先で赤福を注文して店内の座敷に適当に腰を下ろしてしばし待ちます。1分ほどでできたてホヤホヤの赤福と温かいほうじ茶が運ばれてきました。

赤福
甘すぎないあんこに包まれた餅が最高。ほうじ茶がこれまたよく合う。
赤福本店
場所 三重県伊勢市宇治中之切町26番地
電話 0596-22-7000
営業時間 5:00~17:00(繁忙期時間変更有)
駐車場 周辺の市営駐車場へ
WEBサイト 株式会社 赤福

内宮が開いてる時間、つまり朝の5時から夕方5時までオープン!やる気を感じる赤福。

おかげ横丁は木造の日本家屋がずらりと並び、いい雰囲気を醸し出してます。

饅頭屋さん
饅頭屋さん
碁を楽しむところ?
碁を楽しむところ?
おにぎり好きな人。
おにぎり好きな人。
床屋さん
床屋さん
赤福本店の裏側あたり
赤福本店の裏側あたり
おかげ横丁の裏に流れる五十鈴川。
おかげ横丁の裏に流れる五十鈴川。
伊勢志摩の海藻屋さん
伊勢志摩の海藻屋さんで海苔と巨大な昆布を買う人。

伊勢神宮の内宮へ

存分におかげ横丁を楽しんだ後、いよいよ内宮へ。

内宮(ないくう)参拝のルート

宇治橋
↓ 徒歩8分ほど
五十鈴川御手洗場
↓ 徒歩7分ほど
正宮(しょうぐう)
↓ 徒歩7分ほど
荒祭宮(あらまつりのみや)
↓ 徒歩5分ほど
風日祈宮(かざひのみのみや)
↓ 徒歩3分ほど
内宮神楽殿(ないくうかぐらでん)
↓ 徒歩7分ほど
宇治橋

雨もすっかり止んで、心静かにゆっくりと参拝することができました!

入り口の宇治橋を渡る
入り口の宇治橋を渡る。右側通行。橋の両端に建てられた鳥居は外宮・内宮の正宮に使われていた棟持柱が再利用されているという。
五十鈴川御手洗場
五十鈴川御手洗場。内宮に沿うようにして流れる五十鈴川に出られる石畳の場所がある。ここはかつて参拝者の禊が行われる場所だった。
正宮
正宮に到着。日本の神社の中心。自然に囲まれて気持ちのよい場所だった。心を込めて感謝のお参り。
風日祈宮へと通じる橋。
風日祈宮へと通じる橋。
風日祈宮
風日祈宮を参拝。名前からも連想できるけど天候を司る神様を祀っているそうな。鎌倉時代のモンゴルの襲来「元寇」を2度とも防いだとされる。
アッパレな日の丸模様の錦鯉
途中通りがかった池になんともアッパレな日の丸模様の錦鯉を発見。お見事。

お伊勢参りの後の夜ご飯はなぜかインドカレー@インド食堂FULLBARI

参拝を終えて清らかな気持ちになったところで夜ご飯も質素に行きますか!と思ったものの、なぜか無性にインドカレーが食べたくなり、ググったところ伊勢にもちゃんとありました。

インド食堂FULLBARI

インド食堂FULLBARI
店頭に駐車場あり。

街道沿いに有り駐車場も完備。
ディナーメニューからFULLセットAを注文。ベトナム生春巻き、サラダ、スープ、プレーン・ナンとカレー2種で結構なボリュームでした。

ベトナム生春巻き
前菜にベトナム生春巻き。
チキンカレーとベジタブルカレー
チキンカレーとベジタブルカレー。
チキン・ビリヤニ
妻はチキン・ビリヤニを注文。カシューナッツも入ってておいしかった!
インド食堂FULLBARI
場所 三重県伊勢市楠部町乙231-1 ラ・メゾン 1F
電話 0596-22-0008
営業時間 11:00~14:30、17:00~22:00
ランチ営業、日曜営業
定休日:水
駐車場 店舗敷地内に有
WEBサイト FULLBARI

喫煙可だったのが残念。地元の会社?の団体さんご来店でタバコの煙がこちらに・・・。

朝5時から開いている伊勢神宮外宮・内宮。参拝は早朝がオススメ!

せっかく内宮のすぐそばの宿に泊まっていたので、翌朝も早朝から内宮にあさんぽ参拝に行きました。
夕方の時間と違って人の姿はほとんどなく、朝の気持ち良い時間帯なので気分も爽快。余裕があればぜひ朝の参拝をオススメします!

内宮入口の宇治橋
朝6時、内宮入口の宇治橋。人がほとんどいない!
内宮正宮
朝6時過ぎの内宮正宮。光の感じが夕方とまた違う。
内宮神楽殿の裏にある池
内宮神楽殿の裏にある池。朝の光が美しい。
地面をはびこる根っこ
地面にはびこる根っこもどこか神々しさを感じてしまう。

伊勢パン屋「アルチザン・ブーランジュリー・ゼンゾー」で朝ごはん+おやつパンを購入

2泊3日の伊勢滞在を終えて車で出発する時、朝ごはんにおいしいパンを買おうということになり、ググったところ天然酵母のパン屋さんを発見。

アルチザン・ブーランジュリー・ゼンゾー (Artisan Boulangerie Zen-zo)

アルチザン・ブーランジュリー・ゼンゾー
アルチザン・ブーランジュリー・ゼンゾー
朝だったので焼きたてのパンがズラリ。
宮川堤公園というところで休憩して朝ごはんタイム。
宮川堤公園というところで休憩して朝ごはんタイム。
宮川堤公園
コンビニでコーヒーとバナナを買って。外での朝ごはんサイコーでした。
アルチザン・ブーランジュリー・ゼンゾー
場所 三重県伊勢市楠部町202-23
電話 0596-27-2258
営業時間 平日8:00~18:30(日曜は9:00~)
定休日:月
駐車場 有。店頭に4台分

伊勢市の総合病院の敷地に入っていくような感じの場所にあります。

今回のケセラセラ

伊勢神宮の外宮と内宮は式年遷宮という儀式が有り、20年に一度すべてを作り直して新しいものにするということを初めて知りました。
神社というと何百年前に建てられ、古いながらも大事にされているイメージがありますが、伊勢神宮は社殿も橋も鳥居などもまだきれいで新しく、なんだか趣が薄い感じでした。
しかし式年遷宮は1300年前から続いている儀式で、いつの世でも20年に一度一新され、ここに宿る神々を清らかな状態に保っていると知り納得。まさに他とは別格の神社ですな。

ほんとは何かのついでに~旅行のついでに~というのじゃなくて、お伊勢参り一本を目的として行くべきなのかもしれない。
いつになるかわからないけど、ここぞっていうときに気持ち新たにまた来ます!と心のなかで誓うのでありました。

スポンサーリンク