旅のレビュー 海外の旅

ハンガリーLCC「Wizz Air」のチェックインで大失態

ハンガリーLCC「Wizz Air」のチェックインで大失態

4日間のブダペスト滞在を終え、今度は飛行機でイタリアに向かいます。

Sponsored Link

ブダペストの空港「リスト・フェレンツ国際空港」への行き方

Budapest_Metro_map.svg

地下鉄2号線で「Deák Ferenc tér」駅まで行き、そこから3号線に乗り換えて終点の「Kőbánya-Kispest」駅まで行きます。

ブダペスト

▲ずっと地下を走ってたけど、終点は地上でした。

改札を出て、階段を下ると空港行きのバス乗り場があり、そこで200Eというバスに乗り込みます。荷物を持った人がいっぱいいたのですぐ分かりました。

ブダペスト

▲駅の階段を降りたらすぐバス乗り場がありました。

バスの中で運転手からチケットを買い、車内の刻印機で刻印。あとはゆったり空港まで。
割とすんなり空港にたどり着くことができました。

ブダペスト

▲バスの運転手さんからチケットを買いました。

ブダペスト

▲空港到着。バスを降りたところ。

ブダペストからイタリアのナポリまではLCC(格安航空会社)でハンガリーの航空会社でもあるWizz Airを予約していました。
2人で諸費用、荷物代込みで36,000フォリント、だいたい16,000円くらいでした。
当初は陸路でイタリアまでとか考えてたのですが、時間的に無理があり、バスや電車を乗り継いで行くより断然安いのでLCCはかなりおススメです。

Wizz Air
※ちなみにこのサイトをGoogleとかの翻訳機能を使うとおもしろいことになります。Wizzっていう言葉がね・・・。
※2016年7月追記 Wizzという言葉がなぜか「小便」と翻訳されておもしろいことになっていたのですが、現在は改善されたようです。

空港で時間つぶし

空港に早めに着いたので、チェックインまで結構時間がありました。
買い物しながら余ったフォリント通貨を使いきったり、PC作業したり、カフェでお茶したりして時間をつぶしました。
オンラインでチェックインも済ませてあるので、まあ余裕かなと。

ブダペスト国際空港

▲LCCの出発ロビー。広々しててきれいです。他の国際線は別の場所みたい。

ブダペスト国際空港

▲出発便の案内が随時表示されています。

Sponsored Link

E-ticket印刷し忘れ。これがチェックイン時の大失態

ようやくチェックイン開始の表示が出たので、カウンターの前に並ぼうとします。
しかし事前チェック係のお姉さんから
「ボーディングパスをお見せください」
と言われたので、iPhoneにデジタルデータとして保存していたパスを見せました。

ブダペスト空港で失態

▲Wizz Airのチェックインカウンター前。

ところが、
「これではダメです。印刷したものは?」
と聞かれたので、「はぁ?何言ってんの?これでOKでしょ!」
と半ば強引に列に並ぶ。
お姉さんが何か叫んでたけれど、ガン無視。

まあちょっと大人げない行動だったけど、いつもアジアのLCCとかはiPhoneのPDF画像とかでOKだったので、問題ないだろと考えていたのです。

・・・しかし、彼らの対応はそう甘いものではありませんでした。

チェックインの際、カウンターで同じようにiPhoneを見せると、まったく対応してくれない。
「印刷したボーディングパスかe-ticket」がないと先に進ませてくれないのです。

ブダペスト空港で失態

▲チェックインカウンターのおばさん。きびしかった。

そんなはずはないと、チェックインカウンターを無視してゲートの方に向かおうとします。
既にオンラインでチェックインは済ませていたので大丈夫かもしれないという気持ちを抱きながら。

しかし結果は同じ。
やはり印刷した紙がないと通してくれませんでした。

「このデジタルの時代に印刷なんて!アジアじゃどこでもやってくれるよ。」
と、ダダをこねても無駄。

そうこうしているうちに時間だけは過ぎて行く。

気が付いたら搭乗時間の15分前。
ヤバい・・・。

さすがに焦って再度カウンターに戻って交渉してみます。
しかしカウンターのおばさんは無情にも
「印刷したものがないとダメです。どこかで印刷してきてください。」
の一点張り。

押しても引いてもダメ。

仕方ないので
「じゃあどこで印刷できるんですか?」
と聞いても
「さあ。どこかそこらへんでやって来てください。」
と無茶苦茶そっけない対応。

うーん。テルチ駅での非情な窓口の対応を思い出してしまった。

https://www.luisaq.com/1470.html

ここも一度ダメだと言ったら融通は効かずとことんダメなんだなと察知。

近くにインフォーメーションカウンターがあったのでそこで印刷してもらおうと思ったけど、首を横に振るばかり。
どうなってんじゃー!
空港の近くに印刷できそうな場所が見つからず、時間ももうほとんどない。

チェックイン時の痛いペナルティー

泣きつく気持ちでまたカウンターに戻ってみました。
もう他の乗客はチェックイン済みで誰も残っておらず、うちら2人だけでした。

「なんとかチェックインしてくれ~!」

「分かりました。ではボーディングパスの印刷代として一人30ユーロ頂きます。」

・・・は?今なんと?

一人30ユーロ。2人で60ユーロ!

これには開いた口がふさがらなかったです。

「どうしますか?搭乗時間まであと10分もありませんよ。」
と半分脅迫じみた対応。

ブチ切れてダダこねるか、もっと強気に出て負けさせるか・・・
素直に60ユーロ払うか・・・。
払えない金額じゃないけど、こんなことで無駄遣いしたくない。そんなお金があればおいしいもの食べてもうちょっといいところに泊って・・・アレコレアレコレ。

・・・。

結果、超泣く泣く60ユーロ払いましたよ!
時間がもうちょっとあったら他の手段を考えたんですが、迫りくるタイムリミットに気持ちが焦って、もう面倒だ!という気持ちになってしまい、ノックアウト。

ブダペスト空港で失態

▲Wizz Airは融通がききません。まあこちらが悪いんだが・・・。

もう2人して茫然自失です。
無事にゲートを通過でき、搭乗もできたのですが、飛行機に乗ってもイタリアに到着しても2人とも終始無言。
こんなに悔しい思いをしたのは久しぶりでした。

ブダペスト空港で失態

▲ゲートを通過して搭乗するところ。LCCなのでちょっと離れた倉庫みたいなところが搭乗口になっています。

ブダペスト空港で失態

▲ようやく搭乗開始。天気は晴れ晴れ。しかし悲しくてあんまり記憶にないっす。

LCC「格安航空会社」を利用する際の心得

あとでしっかりとWEBサイトを確認したのですが、ボーディングパスは印刷したもの以外は無効ってちゃんと書いてあるんですね。
完全にこちら側のミスです。
LCCはいろんな手間を省いてあれだけ価格を抑えているわけで、乗る側にしてみても手間をかけないように規則どおりに動かないといけません
基本、WEBでチケットを購入する際はしっかりと規約を読み、その規約に同意した人のみが購入できるわけで、「ボーディングパスの印刷」のところを見逃していた自分らが完全にアウトなわけです。
Wizz Airのサイトを見てもちゃんと「ボーディングパスを印刷してない人はペナルティが課されます」というようなことが書かれてありました。。。トホホ。

逆に60ユーロという金額だけで済んで良かったと考えてもいいかもしれません。
例えばアイルランドの有名なLCC「ライアンエアー」などはペナルティとして40ユーロも徴収されるなど、必ず何かしらの罰則があるようです。ヒエ~・・・。

参考:【注意報】ライアンエアー•ボーディングパス(必ず印刷→持参)

結論。「LCCは安く乗せてもらえるんだから規約はちゃんと読んでしっかり守るべし」くらいに捉えた方がいいでしょう。
今後のいい教訓になりました。
っつーか、チケットをちゃんと印刷していけばいいだけの話だけどね。

そうそう、タイで良く乗るAir Asiaも確かバンコクではiPhoneでのボーディングパス提示がOKでしたが、それも空港によって出来るところと出来ないところがあるそうです。
バンコクの空港はたまたまそれがOKだったから、いつも大丈夫と錯覚したんでしょうね。
いろいろ勉強になります。

No Comment

コメントする

PROFILE

LUIS画像

LUIS(るいす)
旅好きエコ好きミニマルライフ

あちこち世界を旅したいがために、どうすれば移動しつつも仕事をして生活できるかを日々考えている。ジプシーな音楽活動をライフワークとしつつ、普段は湘南・大磯でWEB関連の仕事をしながらひっそりとスローな生活を楽しんでいる。
気になった情報、旅ネタ、音楽ネタ、ライフハック、体と心にやさしい生き方など、思うまま書いていきます。

詳しいプロフィール

Random Posts

最近ツイート

SNSフォロー