カッパのススメ

2015年8月1日

朝、サーバーの調子が悪い、という電話で目が覚めました。
やれやれ、今日は仕事の一日になりそうだ。

外を見ると恐ろしい程の暴風雨が。
なんだこりゃ?台風か??


午前中、昼間と急ぎの仕事をこなしたりしました。
夕方、外に出る用事があり、かなり憂鬱な気分になりました。
こんな嵐の日は家でじっとしていたいものです。

まあしかたないのでカッパを着てゲンチャリ乗って駅へ。
とにかくすごい風だ。
信号待ちをして停まっている時、マジで吹き飛ばされそうになり恐怖感を覚えました。
こんな日は傘は役に立たない。

・・・高校生の時、自転車で通学していたのだけど、雨の日も風の日もカッパを着て通学しました。
その頃、(というか今もかもしれないが、)カッパを着るのはダサイという風潮があった。
比較的自転車通学者が多い学校だったけど、結構な雨量の日も服を濡らして傘をさして不安定な運転で学校に来る人がほとんどでした。
そんな中フードをばっちり被ってカッパを着用している人間が表れると結構目立つものです。
少し恥じらいもあったけど、そんなことは関係ねー!カッパを着て何がおかしいんじゃー!ということで意地でも雨の通学時はカッパを着続けたのをよく覚えています。

世界史の授業で「5分間スピーチ」というすばらしいコーナーがあり、生徒一人ずつ順番に自分の思っていることやみんなに伝えたいことをスピーチする機会が与えられていました。
僕は確か「カッパの良さ」というテーマでスピーチした記憶があります。・・・

・・・今日は目黒区の方で2件ほど仕事の打ち合わせがあったけど、どこへ行ってもみんな傘。
別に傘が悪いってワケじゃ無いけど、僕はそんな中カッパ&フードで街を闊歩する。
次々折れ砕けて行く傘の骨を横目に見つつ、改めてカッパのすばらしさを体感したのは言うまでもない。

ちなみに最近、「清水の次郎長」スタイルも気になる。

スポンサーリンク