国内旅行もいい。だけどやっぱり海外の旅は別次元

国内旅行もいい。だけどやっぱり海外の旅は別次元

コロナが蔓延し始めた2月以降、海外への渡航が厳しく制限されています。
9月になっても外務省の感染症危険レベルは依然として高いままで全世界的に渡航中止勧告が出されています。

世界の感染症危険レベル
全世界ほぼ危険度レベル2〜3。レベル4退避勧告は出ていないものの、依然として海外渡航が困難。こんな世界を誰が予想した?

コロナが収束するかワクチンがしっかり行き渡るまでしばらく海外は無理かなーと思ってます。

とはいえ、じっとしていられない旅好き人間としてはGo Toキャンペーンとかを利用して日本国内の旅行にも出かけております。
日本国内も素晴らしいところ、素敵な場所がいっぱいあり、今後もいろいろと計画しています。

しかしながら・・・やっぱり国内の旅は海外と違って、何か今ひとつ盛り上がらない
その違いはなんなのか、考えてみました。
一番の大きな違いは、やはり安心面ということじゃないでしょうか。

え?安心感があるなら旅行もしやすいじゃん、と思っちゃうかもしれませんが、海外の場合はそれとは逆説的な楽しみ方があるのです。

日本国内を旅行するのに安心感がある9つの理由

まず日本国内旅行が安心できる理由を大まかに挙げてみます。

人:どこに行っても日本人がいる
北海道の最北端から沖縄の離島まで、当たり前のことですが日本人がどこに行ってもいます。

言葉:どこに行っても日本語が通じる
方言はあるけど基本的にどこでも標準日本語は通じる。

身分証:パスポートがいらない
旅行する時に特に必要な証明書などは不要。パスポートなしでどこでも日本中行ける。

交通:列車・バス・飛行機・レンタカー…移動手段が充実している
ネットで簡単に予約可能。もちろん全部日本語のサイト。
乗車の際も乗り場や時刻などが非常にわかりやすく迷うことは少ない。

通信手段:SIMカードを入れ替える必要がない
スマホのSIMカードはそのまま。電波の強弱はあれど、日本中どこに行っても同じようにネットや通話が可能。

お金:旅先でのカード決済やATMなどの心配もいらない
現金がなくてもカードが使える。街中のいたるところに24時間利用可能なATMがあるので現金を引き出すのも容易。
交通系ICカードや〇〇ペイなどのキャッシュレス決済も使えるところが増え、旅先でお金に困ることがない。

便利さ:どこに行ってもコンビニとファーストフードがある
24時間開いているところも多いので、必要なものはすぐに調達できるし、食事ができず飢えるということもない。

食事:どこに行っても安心して食事ができる
食べ慣れた食事、日本人好みの味付け、衛生面でも安心できる。どんな場所で食事をしてもお腹を壊すなんてことはない。

宿泊:どこに行っても安心して宿泊できる
部屋の設備が整っており、清潔感が保たれているのが普通。シャワーやトイレも安心して使える。

こうして見ると日本国内旅行とは守られた世界での旅ということにもなりますね。

海外はその逆。だがそれが楽しい

一方、海外は国や地域によって程度の差こそあれ、異文化、異人種、異言語、パスポート必携、電話もインターネットも現地仕様、異なる通貨、食事や買い物もままならない時がある、滞在先の治安が悪い、衛生状態も悪い、などなど、往々にして悪条件が揃っていますw。

安心・安全を好む人は国内旅行一択で良いのかもしれません。

だけど海外のよくわからないところで一つ一つミッションをクリアしていくのが楽しいと思える人は、やっぱり日本国内は今ひとつ気持ち的に盛り上がらないっていうのが本音かも。

海外バックパック旅行でのミッションとは?
現地のSIMカードをゲットする、通貨を両替する、美味しい食事にありつく、安宿を見つけて快適に過ごす、バスや列車を現地で予約して移動する、などなど、日本国内では味わえないこれら不確定な要素に挑むこと。
Advertisement

日本にも人のいない秘境や探検スポットがある。だけど・・・

海外じゃなくても、自然がいっぱいで素晴らしい場所はたくさん日本国内にあります。だけどそのスポットへ行くまでの過程を考えてみると、どうしても「日本」に接せざるを得ません
ホームを出て目的地に到達し、再びホームに戻るまでを旅と考えた場合、どんな秘境でもどんなに人のいない田舎でも、交通手段や食事、言葉やお金などの面ではどうやっても「日本」なんです。

地方の素敵な場所に訪れたとしても、信号や電信柱や交通標識、チェーン店や見覚えのある商品の看板、聞こえてくる日本語や流れてくる日本の音楽・・・そういったものが旅をしている時の「逃避感」や「非日常感」を薄めてしまいうのです。

国内の街の風景
日本のよくある街の風景。どこの町に行ってもこういう風景は続く。
カンボジア・プノンペン
一方こちらは海外のどこかの街の風景。逃避感と非日常感に浸れる。

今回のケセラセラ 早く海外でフラフラしたい

海外旅行や海外バックパッカーのブログをよく読むのですが、コロナが始まってから更新が止まってるサイトも少なくありません。
なんだかテンション下がっちゃって、みんな同じ気持ちなのかもなーと思っちゃいます。

しかし腐ってばかりもいられないので、今は国内旅行を楽しむ時期と開き直って、Go To トラベルやキャンプなど、国内の旅も楽しみたいと思います!

そしていつか海外旅行が自由に解禁されるようになったら、いつでもすっ飛んで行けるように資金も貯めておきたいところです。

とにかく時が解決してくれることでしょう。ケセラセラと何事も楽しんで行きましょう〜〜

バックパッカー旅カテゴリの最新記事