チェコ南部の快適バス「STUDENT AGENCY」でテルチからブルノへ

2017年12月7日

5月27日(月)。
チェコのテルチを朝9時のバスで出発。
行く先は同じくチェコのブルノという都市。


スポンサーリンク


快適バス「STUDENT AGENCY」

テルチ駅前のバス停でものすごく頼りない時刻表を発見し、その通りの時間に合わせて来たらちゃんとバスが到着していました。
黄色い車体で「STUDENT AGENCY」と書いてあります。学生さん向けのバスなんでしょうか。
アテンダントらしきお姉さんが迎えてくれて、その場で乗車料金(確か1人10ユーロほどだったような。安い!)を支払いました。
他の町からやって来たらしく、既に車内は満員状態。
幸い一番後ろの席が2つ空いていて座ることができました。

このバス。とにかく快適でした!
何が快適って、サービスがすごくいいんですわ。

テルチ~ブルノへのバス

▲車内は新し目でこぎれいな感じでした。

座席に着くと、先ほどのお姉さんが新聞や雑誌を持ってきてくれたり、コーヒーをサービスしてくれたり、何かと気を回してくれます。

テルチ~ブルノへのバス

▲サービスが充実。他の乗客にはチェコ語で、僕らには英語で「新聞や雑誌は要りませんか~?」と聞いて回っています。

菜の花畑の間をひたすら走るので、風景にも癒されました。

テルチ~ブルノ

▲こんな風景がしばらく続く。

途中でトゥシェビーチという世界遺産の町を経由し、ようやくブルノに到着しました。

ブルノ

▲乗ってきたバスはこんな感じでした。いいバス会社だった!

ブルノのバス乗り場で大慌て

さて、ここからスロバキアの首都ブラチスラヴァに向かうのですが・・・。
同じバス乗り場にチケット売り場があり、そこでチケットをゲット。
出発時間までまだ時間があるみたいなので、少しブルノの町を散策しました。(と言っても近くの列車駅構内を少し見て回っただけですが。)

そろそろ時間だ、とバス乗り場に戻って来てバスを待つ。
しかし出発時間の5分前になってもまだバスが来ない。
そしてついに出発の時刻になってしまった!!

急激に焦る。
バス乗り場が違うのかと他のバスが停まっているところに行ってみるも行き先が違ったり、運転手に聞いても肩をすくめるだけで何も分からない。
チケット売り場のおばちゃんに聞くと「アイ・ドンッ・ノーゥ!」
出たっ!
テルチ駅の窓口と同じような反応。
何とか会話をつなげても「その辺りから出るでしょ。」というそっけない返答。

「いや、もう出発の時間過ぎてるんですけど!」と言っても
やっぱり「アイ・ドンッ・ノーゥ!

この対応、どうにかした方がいいですよとチェコ共和国の観光大臣か何かいたら訴えたい。

途方に暮れかけていると、チケット売り場の電光掲示板に何やら文字と数字が書いてあります。
偶然バス車内から発せられるwifiにつながったので、咄嗟にGoogle翻訳してみたところ・・・
10分遅延
とのこと。

そうだったのかーー!!

その1分後くらいにやっとバスがやって来て、無事乗ることができました。
それならそうと、チケットのおばさん、教えておくれよ~(涙目)
まあ、現地語を理解してなかった自分らが行けなかったわけだけどね。

ブラチスラヴァ到着。宿泊先へ

そんなこんなで何とかバスに乗ることもでき、程なくしてブラチスラヴァに到着。良かった~!

チェコでは現地通貨クローネでしたが、スロバキアではユーロが導入されており、いろいろ楽でした。
っていうかユーロに統一してほしいもんだ。まあいろいろお国の事情があるんでしょうが。

ブラチスラヴァのバスターミナル

▲ブラチスラヴァのバスターミナル外観。

ブラチスラヴァも1泊だけの予定だったので、翌日移動するハンガリーのブダペストまでのバスチケットをその場で購入しました。

ブラチスラヴァのバスターミナル

▲バスターミナル構内。ハンガリーへは「eurolines」社のバスチケットを購入。

ブラチスラヴァでの宿は「Hostel Petit」という2つ星のホテル。
バスターミナルから歩いて20分くらいの場所で、すぐそばに大統領宮殿があり、観光の中心地、旧市街からも近い場所でした。

チェックインの際、宿のお兄さんが出て来て対応してくれましたが、パスポートのチェックや宿帳への記入など、すごく真面目に対応していました。
テルチの超テキトーな宿とこれまた大違いだな~。

ブラチスラヴァ

▲部屋はこんな感じ。コンパクトでこざっぱりしていた。ウェルカム飴玉が置いてあったよ。

一息ついて、すぐに街の散策へ出かけました。次回へ。

スポンサーリンク