バングラデシュのオンラインビザ申請から取得までの流れ(2018年2月編)

3月にインドに行く予定ですが、今回はバングラデシュから入国するルートで考えてます。
バングラデシュは初めてなのですが、この国もビザが必要なんです。

LUIS

バングラよ、お前もか!

インドのビザ取得でも結構時間かかりましたが、バングラデシュも勢いで事前に取得しておきました。
今回はオンライン申請書作成、バングラデシュ大使館でのビザ申請、そしてビザ受け取りまでの流れをお伝えします。


スポンサーリンク


申請に必要な書類

バングラデシュの観光ビザ申請には以下の4つが必要になります。

  1. オンライン申請書をプリントアウトしたもの(後述)
  2. パスポートの顔写真ページの見開きコピー1枚
  3. 顔写真(縦4.5cm x 横3.5cm)1枚
  4. 往復航空券(Eチケット)の控え

オンライン申請書を作成してから1週間以内に大使館へ申請しに行かないと無効になるという情報(未確認)もありますので、大使館へ行く日程が決まった時点で作成すると良いでしょう。
写真はパスポート申請時と同じサイズです。撮影時の注意など詳しくは外務省のページをご参考ください。
今回僕は陸路でインドに出国する予定で片道(往路のみ)しかEチケットがなかったのですが、結果的に何も言われずに大丈夫でした。

オンラインビザ申請フォーム入力方法

別名「機械読み取り可能ビザ(MACHINE READABLE VISA)」の入力をオンラインで行います。
まずはこちらのWEBサイトにアクセス。
ONLINE APPLICATION FOR BANGLADESH MACHINE READABLE VISA
古めかしいデザインのページですが、気にせずいきましょう。
フォームはいくつかのステップに別れておりますので、順に説明していきます。

最初にメールアドレスを入力する画面

バングラデシュビザオンライン申請書

ここで登録したアドレスに確認のメールが届きます。

パスポートの情報、現地滞在先、その他個人情報を入力する画面

バングラデシュビザオンライン申請書

写真を登録することができますが、登録してもリンク切れでプレビューに表示されません。
後述しますが、ここで写真を登録しても結局あとで写真を貼り付けることになりますので、ここはパスしても大丈夫です。

バングラデシュでの住所入力欄(Address in Bangladesh)がありますが、宿泊予定のホテル住所で良いかと思います。
まだ決まってなければBooking.comなどで適当に探して入力します。

職業(Occupation)は自営業なら「PRIVATE SERVICE」か「BUSSINESS」にします。
前者はショップや小売業を自営している場合? よくわかりませんが。
だいたいで良いかと思います(ザ・テキトー)。

ビザ登録の種類を選択する画面

バングラデシュビザオンライン申請書

新規にビザを登録する場合は「NEW VISA APPLICATION」を選択。

次に進むとオンライン申請書のIDとパスワードが発行されます。

バングラデシュビザオンライン申請書

途中でセーブして後で再開するときにこのIDとパスワードでログインして続きから進められます。

パスポート情報詳細を入力する画面

バングラデシュビザオンライン申請書

過去にバングラデシュに渡航歴がある場合はその時の情報も入力します。

銀行振込に関する入力画面

バングラデシュビザオンライン申請書

日本人は無料で取得できますので、ここは何も入力せず次に進みましょう。

バングラデシュ渡航・滞在に関する入力画面

バングラデシュビザオンライン申請書

滞在予定日数(Duration Proposed stay in Bangladesh)に記載した日数を元に15日、30日、60日、90日のいずれかが割り当てられます。(観光ビザは最大で90日間滞在可能)
入国希望回数(Intended Number of Entries)はSINGLE(シングルエントリー:1回のみ入国可)、DOUBLE(ダブルエントリー:2回入国可)、MULTIPLE(複数回入国可)から選べます。

ビザの申請場所を選択する画面

バングラデシュビザオンライン申請書

「Group/Order By : FM / ICP / Visa Cell」という謎の項目がありますが、ここはビザオフィスの処理するところらしいので未入力のままで大丈夫です。
(なんでこの画面に表示させてるのか意図が不明・・・)

必要書類のチェックリスト

バングラデシュビザオンライン申請書

おまけのページかな 笑
申請の際に必要になる書類のチェックリストです。
観光ビザの場合は「Passport Copy」と「Photo」のところにチェックを入れておけば良いかと思います。

確認画面

バングラデシュビザオンライン申請書

これまで入力した内容の最終確認画面です。
(写真のところは仮に設定したものです(^^;))

内容を確認して問題なければ画面左下にチェックを入れ次へ進みましょう。

オンライン申請書ダウンロード画面

バングラデシュビザオンライン申請書

これにてオンライン申請書作成完了です。
「Download & Print Completed Application」をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。

バングラデシュ オンラインビザ申請書

ビザ申請書の出来上がり。これをプリントアウトして3ページ目の右下に「Signature」とあるので、手書きでパスポートと同じ署名を書き込んでおきます。

ビザの申請

場所、時間、行った時の様子などをお伝えします。

バングラデシュ大使館の場所

東京都千代田区紀尾井町3-29
Tel: 03-3234-5801

以前は目黒にあったそうですが最近この場所に移転しました。

ビザ申請と受け取りの時間、定休日

どちらも短時間なので余裕を持って行くと良いでしょう。

ビザ申請書類提出:9:00~11:30
ビザ受取:15:00~16:00
定休日:土日、祝祭日(日本とバングラデシュ両国)
バングラデシュの祝祭日 | JETRO

書類を提出しに行った時の様子

午後に都内で用事があったので、その前に行って来ました。
地下鉄麹町駅、永田町駅などが最寄りです。

バングラデシュ大使館

▲これが大使館の建物。なんだかとてもゴージャスですな。

入口で簡単な荷物検査があります。
中に入るとバングラデシュのイメージがパアァっと明るくなるほど建物が新しくてとてもきれいです。

バングラデシュ大使館

▲ビザ申請・受け取り窓口の入口。

窓口がある室内はそれほど広くなく、申請に訪れている人も少なめでした。
インドのビザ申請に比べてとても気楽な雰囲気。

▲窓口の左にある整理券を引き抜き、番号が呼ばれたら窓口へ。

恐る恐る書類を提出したところ・・・
うっかりパスポートのコピーを忘れてしまい、いきなりのダメ出し。(すっかり失念していた(;゚Д゚))
1度外に出て近くのコンビニでコピーし、再び提出したところ、今度は写真が貼ってなくて再度ダメ出し。
申請書に写真がすでに印刷された状態だったので、これでOKなのかと思ったら、その上にちゃんと写真を貼りなさいとノリを渡されました。
(オンライン作成時の写真アップロードまるで意味なし。)

そんなわけで無事に申請完了。

バングラデシュビザ引換証

▲こんな紙を渡されました。これがビザ(パスポート)を受け取る際の引換え券になります。

2月7日に申請して、受け取り可能になる日が1週間後の2/13でした。

ビザの受け取り

1週間後、ビザ(パスポート)を受け取りに再び紀尾井町のバングラデシュ大使館へ。

15時半くらいに到着しましたが、他に誰もおらず待たずに済みました。
職員のおじさんは電話しててぶっきらぼうな感じ。
引換券を渡すと、電話しながらパスポートをポイっと出してくれました。日本的なサービス精神は皆無です。この建物の中はもうバングラデシュですね。

ということで難なくパスポート返却、めでたくビザ取得です。

バングラデシュのビザ

▲無事にビザ獲得。インドみたいに仰々しい貼り付けじゃなくて簡単なスタンプが押されてました。

以上、バングラデシュの観光ビザ申請手順をお伝えしました♪♪

・・・ところで、

現地到着時にアライバルビザの取得も可能

現地到着時にアライバルビザ(Visa on Arrival=VOA)を取ることもできるという情報もあります。

しかし・・・

VOAは正規の方法ではなく、例えば自国にバングラデシュ大使館や領事館がない国の人だったり、外務省や国連などの公的機関の職員のために用意されているもので、一般の日本人旅行者は出発前に事前にビザを取っておくのが原則です。

バングラデシュ大使館のWEBサイトにもVOAに関する記述が見当たらないので、オフィシャルな方法とは言えないのかもしれません。

だけど、日本以外の国からバングラデシュに入国予定の人(世界一周の最中など)とか、地方在住でなかなか東京に行けないような人はどうするんでしょう。
そういう人のためにアライバルビザがあるのかもしれませんな。ひょっとして。

何はともあれ、バングラデシュ、楽しみです。
前もってにビザ取れてよかったー。

スポンサーリンク