考え事

3/4ページ
  • 2011.06.02

住む場所を決める時に大事なのは「直感」

ここ大磯に移り住んでからそろそろ10ヶ月になりますが、非常に満足しています。   4年ほど前にも大磯に住んでいたのだけど、仕事やバンド活動が極めて忙しい状況が続き、都内にアクセスしやすい場所に移り住んだ。 その後、また気が変わって鎌倉の古民家に移り住むものの、妻が虫の攻撃に遭い、ここも断念。 次は同じ鎌倉市の海側、七里ガ浜に移り住むことに。 ここは家に防音スタジオがあるということで、見に行って即決 […]

  • 2011.04.12

レベル・セブン―核戦争が起きた世界でたった一人生き残った人の手記

フクシマ原発事故の危険度が一気にレベル7に引き上げられましたね。 この「レベル・セブン」という言葉で思い出すのが、同名のSF小説。 以前に核戦争モノの小説にはまっていたことがあり、その時に手に入れた本です。   簡単なあらすじ 世界は二極化が顕著で(東西冷戦をモチーフにしていると思われる)いつ大戦争が起きてもおかしくない状態。 仮に核戦争が起こって地球上が放射能汚染されても500年は生活 […]

  • 2011.03.31

エネルギーとなるのは電気じゃなくて人だと思う

今ではどこの店も看板やネオンの明かりを消したり店内の照明も間引いたりして節電しています。 不便を感じている人も多いと思うけど、自分的には全然OKっす! 薄暗くてもみんながんばって働いている、そういう光景を見るとむしろテンションが上がります。 というのも、なんとなくそこにアジアっぽさを感じてしまうんだよな。 タイという国を例に取ると、コンビニとかスーパーとか常時薄暗いし、道端の街灯や店の看板なんかも […]

  • 2011.03.30

震災の影響で海外からの旅行者激減。観光業界どうなる?

今日は店が休みなので自宅でのんびり、と思ってたけどいろいろ仕事があってゆっくりもしていられなかったっす。こんな時でも仕事を頂けるのは本当にありがたいことだと改めて思います。面倒な雑務も不条理な対応もたまにあるけど、仕事ができるだけありがたい。 ところで、たまに仕事をくれる旅行会社の人は、直接被害はなかったけど今後の旅行業界の行く末を考えると影響はこれから…なんて言っておりました。しばらくして落ち着 […]

  • 2011.03.24

非常時にも動じない心を

計画停電などで不便な日が続きます。 考えてみればインドとか中南米とか発展途上国の人たちは停電とは日常的なもの。 インドのヴァナラシに行ったとき、ものすごく蒸し暑い宿でファンを回して暑さをしのいでたところ、有無を言わさず停電発生。 誰も慌てることなくこの無電気状態を受け入れます。 部屋のファンが止まり、動くと暑くなるので、水にぬらしたタオルを頭にまいて、ベッドの上でじっとするしかなかった。 停電は夜 […]

  • 2011.03.23

震災の起きた日。微笑みの国で受けた衝撃

3月11日は日本人にとって忘れることが出来ない日になりましたね。いつまで続くか分からないこの国難を、乗り切ったときにまた新しい時代が始まる気がします。自分はこの日、買い付けの仕事でタイにいました。チェンマイという北部の町で半日OFFにしてバイクで近隣の湖に遊びに行ってました。とてものどかな場所で、平和でゆったりとした時間が流れていました。それだけに、宿に戻った時にネットで見た津波の映像が、まるで地 […]

  • 2010.05.12

CATSを見て感動した話とどうでもいいペットの話

先日、ミュージカル「CATS」を初めて見に行きました。ミュージカルなんて子供の頃に学校の芸術鑑賞会で地元の文化会館に見に行って以来っす。 細かいことは省きますが、とにかく、、、感動した!会場と舞台を埋め尽くすでっかいゴミ(!)にまず圧倒され、出てくる俳優の歌とダンスの見事さに終始引き込まれました。いやー、なんかCATSってバットマンみたいな全身黒タイツの人たちがひたすら踊る話なのかなーと勝手に想像 […]

  • 2010.02.16

水になれ

先週土曜の夜は鎌倉駅前のソンベ・カフェというところにライブを見に行きました。ベトナムやタイの料理が食べられてライブも楽しめるお店。いい雰囲気のお店でマスターも気さくな人。ライブもゆったり楽しめました。鎌倉住んで1年余。まだまだ知らないところがたくさんあります。 翌、日曜日は自分らGipsy Grooveのライブで横須賀へ。車だと30分くらい。都内に比べると近くて楽ですね。横須賀在住ベリーダンサーの […]

  • 2009.11.12

それがこれだ。MJよ、永遠に。

久々に映画を観にいきました。 「This is it」 やはり、M.J.はすごい。終始胸が熱くなりっぱなし・・・。いろんな意味で。音楽活動やダンスなどのパフォーマンスとかに関わってる人はもちろん、あらゆる人に是非見てもらいたいなあと思いました。 思い起こせば高校時代にマイケルのファンになり友人と一緒に東京ドーム公演を観にいったのが懐かしい。当時はアルバム「Dangerous」のツアー真っ最中で、「 […]

  • 2007.12.26

UFOやアセンションってホントにあるの?

先日ニュースで政府が「UFOは確認できない」と発表しました。なんでこんなことを急に発表したのか気になるところです。町村さんや石破さん、また東国原知事などは「個人的にはいると思っている」と語ってましが、こういう風に思う人は多くなってきてるんじゃないでしょうか。 実は僕もこういう話は嫌いじゃない。UFO関連のことを調べてると、なんだかスピリチュアルな内容にまで話が及びます。UFO談義については否定的な […]

  • 2007.09.29

両国にてふと思う。マスコミの異常な報道体制にギモン

昨晩、浦安のナイトクラブでライブ。その前に両国に寄りました。知り合いのパーカッションニストが靴屋を営んでいるんですが、借りていたコンガを返しに行くため。 ナビを頼りにスイスイ移動、無事靴屋に着いてあれこれ話をしたりしました。最近の時津風部屋の問題で報道陣がたくさん来て両国は大変なことになっているといいます。よく力士が買い物に来るその靴屋にも取材陣が来て、何とか悪いうわさを聞きだそうと、かなり突っ込 […]

  • 2007.08.13

お盆の時にぶら下げる提灯のヒラヒラの由来

墓参り、寺で読経、坊さんの説教を聞く。そんなこんなで家族とお盆の一日を過ごしました。 以前にも書いたかも知れないけど、お盆や七夕の時にぶら下げるチョウチンのヒラヒラは女の人の髪の毛を表していると言います。つまりお盆のチョウチンは女の人が逆さにぶら下げられて苦しんでいる様子を表しているのです。 ホラー映画みたいな話だけど、これにはちゃんと由来があって・・・まあ説明すると長くなるので割愛しますが、要す […]

  • 2005.10.25

忙しくしない

仕事も一段落して落ち着いた日々をすごしています。昼飯は近くの城山(じょうやま)公園で弁当を食べる。天気が良くて高台から望む海はキラキラ光っていてとてもきれい。風が少し冷たく感じられるようになったが陽射しはまだまだ強い。 飯を食った後、斜面の芝生に寝転んで仕事仲間とあーだーこーだしゃべる。 やはりこういうスローライフはいいもんです。仕事に追われていると余裕が持てなくて自分自身を見失うこともある。以前 […]

  • 2005.09.20

年寄りを敬う日

この前の月曜日は敬老の日ということで祝日。 うちのばあちゃんは練馬のグループホームというところでお世話になっています。 そこで敬老の日にパーティーをやるというので呼ばれていたのですが、当初、うちのバンドがボランティアで演奏して盛り上げてくれないかと頼まれていました。 それはもちろんOKなんですが、ラテンのビートでしかもスペイン語の曲だからちょっとお年寄りには刺激が強すぎるのではと思いました。 結局 […]

1 3 4