7/40ページ

7/40ページ

【インド】グジャラート州カッチ地方の塩砂漠→ニローナ村でローガンアート見学

空と地平線の境目がわからないほど見渡す限りの白い世界。 まるでどこか違う惑星に来たような一面の塩の平原。 ・・・こんなキャッチコピーが似合うバックパッカーの憧れの地といえば南米ボリビアにある「ウユニ塩湖」が有名です。 しかしインドにもウユニに負けず劣らずの絶景を見せてくれる場所があります。 それがグジャラート州にあるカッチ砂漠。またの名をホワイト・ラン、塩の砂漠とも呼ばれています。 今回(2018 […]

海外で現地集合!旅行先でも役に立つ位置共有アプリ「iシェアリング」

当ブログの「iシェアリング」についての記事がよく読まれてるようです。 iシェアリングとは家族や友達どうしで登録してGPSでどこにいるのかMAP上にタイムリーに表示されるモバイルアプリです。 我が家は夫婦でかなりヘビーに使っているアプリで、普段の生活でとても役に立ってます。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 お互いの居場所が分かるiシェアリングというモバイルアプリが便利 そして海外旅行に出かけた […]

【インド】デリーの空港でSIMカード購入(2018年3月)→なぜか毎日2GB分もデータ通信できた話

去年に続いて今年の3月にもインドに行き、例のごとくデリーの空港でSIMカードを購入しました。 前回の購入時と状況が変わりましたので、メモとして記録しておこうと思います。 今回はAirtelのモバイルアプリを使用してデータ通信の残高チェックなどを行いましたが、なぜか毎日2GB分自動でチャージされるプランになってました・・・。 デリーのインディラ・ガンディー国際空港でAirtelのSIMカード購入 バ […]

【インド北東部】マニプール州インパール町歩き。お母さん市場、日本人戦没者慰霊碑など訪問

バングラデシュからインド北東部に入り、マウリノンで「生きてる橋」、チェラプンジで洞窟や滝を見た後にメガラヤ州の州都シロンへ。 シロンからさらに長距離バスでナガランド州のコヒーマ(Kohima)までバスで大移動。実に16時間のバス旅でした。その後、マニプール州のインパールまで乗合タクシーで移動しました。 今回はインパールの町を歩いた時のことについてまとめてみたいと思います。 メガラヤ〜ナガランド〜マ […]

【インド北東部】ナガランド州コヒーマ町歩き。ガリソン丘の墓地、カテドラル、インパールへの行き方など

バングラデシュからインド北東部に入り、マウリノンで「生きてる橋」、チェラプンジで洞窟や滝を見た後にメガラヤ州の州都シロンへ。 シロンからさらに長距離バスでナガランド州のコヒーマ(Kohima)までバスで大移動。実に16時間のバス旅でした。その後、マニプール州のインパールまで乗合バスで移動することになります。 今回はコヒーマの町を歩いた時のこと、インパールへの移動方法などについてまとめてみたいと思い […]

【インド北東部】メガラヤ州シロン町歩き〜ナガランド州コヒーマまで夜行バス移動

バングラデシュからインド北東部に入り、マウリノンで「生きてる橋」、チェラプンジで洞窟や滝を見た後にメガラヤ州の州都シロンにやってきました。 シロンからナガランド州のコヒーマまでバスで大移動し、さらにマニプール州のインパールまで乗合バスで移動。 今回はシロンの町で1日過ごした後、コヒーマまで移動した時のことを書きたいと思います。 メガラヤ〜ナガランド〜マニプールの移動ルート インド北東部の移動ルート […]

【インド北東部】圧巻の滝!自然と絶景の宝庫チェラプンジを車で巡る

マウリノンで「生きている橋」を見た後、メガラヤ州の大自然を堪能すべく車をチャーターしてチェラプンジ(Cherrapunjee)に出かけました。 自然そのままの洞窟や圧巻の滝を訪れた後、そのままメガラヤ州の州都でもあるシロンの町へ移動。 シロンでは特に用事もなかったのでその翌日にはナガランド州のコヒーマまで大移動しました。 さらにそこから乗合タクシーでマニプール州のインパールまで南下して移動。 さて […]

【インド北東部】木の根っこでできた「生きている橋」リビング・ルートブリッジを見に行く方法

バングラデシュと国境を接するインドのメガラヤ州。 その国境近くを流れる川の一帯に木の根っこを利用して作られた「生きている橋」Living Root Bridgeがあり、そのファンタジックな景観が多くの旅行者を魅了しています。 メガラヤ州の州都シロンからツアーが出ていたりしますが、僕はバングラデシュとの国境の町ダウキから車をチャーターして行きました。 その行き方などについてレポートしたいと思います。 […]

【バングラデシュ】北東部のタマビルからインドのダウキへ陸路で国境越え。出国税の支払い方法など

お茶の産地としても有名なスリモンゴルを後にしてインドに向けてさらに北を目指しました。 北東部の都市シレットを経由してインド国境のタマビル、そして陸路でインドのダウキへ国境越えした時の様子をレポートします。 シレットの銀行でTravel Tax(出国税)支払い バングラデシュを出国する際に必要なのがTravel Tax(出国税)です。 出国税の支払い証明書を持たずに国境のイミグレーションに行くと、ち […]

【バングラデシュ】ダッカから列車でスリモンゴルへ!炎天下半日かけて徒歩でお茶畑散策

ダッカの次に目指したのは北東部にあるスリモンゴルという場所。 お茶の産地としても有名で、世界でも最大規模の広大な茶畑がある場所として知られています。 ダッカからはバスや列車で行くことができますが、今回は列車で行くことにしました。 ダッカ中央駅(カマラプール・ステーション)でチケットを買う方法 駅に行くとまず人の列に気分が萎えます。 ▲この列を見て愕然とするが、並ぶしかない。 とにかくこの列に並ぶし […]

【バングラデシュ】引っ込み思案な僕がダッカの街を歩いたら…人々がフレンドリーで楽しすぎた件

僕ってどっちかというと内気で引っ込み思案なタイプです。 旅の間も積極的に他人とコミュニケーション取るタイプではなく、どちらかというと一人で行動している方が気楽です。 しかしバングラデシュのダッカの町を歩いていると、どうにも一人にしてくれませんw 道ゆく人々がやたらと絡んでくるんですよね。 外国人旅行者が少ないバングラデシュならではの町の人たちの反応、楽しすぎました! 今回はダッカの旧市街、オールド […]

【バングラデシュ】ダッカのシャージャラル国際空港でSIMカード購入、空港で寝泊まり後に市内へ列車移動

3月はバングラデシュとインドの旅をしてきました。 今後しばらくは今回の旅での出来事や役立つ情報をつらつらと書いていこうと思います。 まずはバングラデシュ入国時の様子を。 日本でビザを取得してきたので入国はスムーズ 今回はマレーシア航空だったので、クアラルンプールからエアアジアに乗ってダッカのシャージャラル国際空港に到着しました。 日本人はバングラデシュ入国の際、ビザが必要になります。 僕は旅に出る […]

  • 2018.03.14

「調整主義」と考えるとテキトーな人生も悪くない

突然ですが僕はつくづく適当な性格だと思うんですよね。 適当(テキトー)っていうとなんかダメなイメージがありますが、本来は「ちょうどいい」という肯定的な言葉。 しかし大雑把で投げやりかつ不誠実なニュアンスが強く、どちらかといえばマイナスイメージな言葉として使われるのはナゼなんでしょう。 人生、もっとテキトーでいいと思うんですが、自分なりの見解を書きたいと思います。 適当の反対語は全力・真剣 適当の反 […]

1 7 40